2016年07月10日 配信

7/10(日)津田沼にバーベキューとレイブを楽しむ「メディテラネオ」

スペインイビザ島をイメージ

160708IMG_2764.JPG   
   

津田沼駅北口から東船橋方面に徒歩5分の場所に6月3日、バーベキューと音楽を主軸とした「B.B.Q rave kitchen Mediterraneo casa Tsudanuma(バーベキューレイブキッチン メディテラネオ カーサツダヌマ)」 (船橋市前原西2-1-5、TEL 090-8087-3091)がオープンした。

オーナーは辰野仁さん(38)。辰野さんは、元バンドマンで高円寺のライブハウスで8年間店長を務めていた。「高円寺には、居酒屋にDJブースを設置している店があり需要があった。音楽を楽しみながら食事とお酒にも力を入れたお店を作りたいと思いました」と話す。5月末にライブハウスを退職し、自宅から近い新京成沿線で物件を探し店を立ち上げた。

店舗面積は21坪。店内は、カウンター6席とテーブル席あわせて28席を用意。一部のテーブルや、カウンターの棚、DJブースは辰野さんの手作りだという。

同店は、スペインの地中海にあるイビザ島をイメージしており、「バーベキューとお酒を音楽と共に楽しめる店」をコンセプトとしている。「イビザ島は、クラブが20店舗以上あり、毎日のようにダンスミュージックのDJイベントが行われている一大リゾート地。

みんな音楽やダンスを楽しんでいる場所です」と辰野さん。店名はそれぞれ「B.B.Q rave kitchen(バーベキューとレイブの料理場) Mediterraneo(地中海)casa(1号店)Tsudanuma(津田沼)」という意味をもち、津田沼から始めるという思いで名づけたのだという。

メニューは、地中海風バーベキューメニューを主軸としており、「牛ステーキ」(780円)、「ミントレモンポーク」 (380円)、「スパイシーパイナップルチキン」(380円)など、牛、豚、鶏とも数種類のメニューを用意。魚、野菜、サラダの串メニューほか、ご飯ものなども展開している。「野外フェスでは、バーベキューを楽しむ人も多い。音楽を聞きながら食べるものとして自然かなと」辰野さん。

 ドリンクは、「レーベンブロイの生ビール」(500円)、「メディテラネオハイボール」(500円)をはじめ、ビール、カクテル、ワイン、シャンパン、焼酎、日本酒など約80種類をそろえている。

営業時間は、18時~翌1時。金曜土曜は翌4時まで。日曜定休。

160708IMG_2761.JPG 160708IMG_2770.JPG
160708IMG_2780.JPG 160708image1.JPG
 

左から鶏肉とパプリカ、牛ステーキ串、ミントレモンポーク

160708image2.jpg
 
シーフードパエリア
 
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ