2016年07月05日 配信

7/5(火)ビアーレきたならで「七夕祭り・ほおずき市」

商店会と市民団体がコラボで開催

16070502.JPG  
   

 北習志野駅近くの商店街「ビアーレきたなら」(船橋市習志野台2)で7月2日~3日の2日間で、「第39回七夕祭り・ほおずき市」が行われた。

 同祭りは、昭和52年に商店会が地域住民への日ごろの感謝を込めた「感謝セール」が始まり。その際、保育園、幼稚園、養護施設の七夕飾りと願い事が書かれた短冊を商店街に展示した。

 年々参加団体が増え多数の七夕飾りを展示する大規模なイベントとして発展、今回は5万人を超える来場者でにぎわいをみせている。

 今年の会場には、市民団体と商店会加盟店合わせて24ブースが並んだ。市民団体は、習志野台周辺の少年野球チームやボーイスカウトなど、子どもたちの活動を支援する団体が大半を占め、年間の活動資金を得ようと活気あふれる呼び込みが行われた。また、商店会加盟店は、店頭で感謝セールを行い、通行に声をかけていた。

 同会会長で実行委員長の後藤四郎さんは「1年間商売させていただいたお礼として行っている。今回は熊本大分災害復興義援金を募る意味もある」と話した。また、副実行委員小川典于さんは「商店会が地域の住民や青少年育成団体とコラボして祭りをするのは極めて珍しい。この祭りの名前に冠している夏の風物詩“ほおずき”を知らない若い世代が増えてきたのが少し寂しい」と、コメントした。

16070501.JPG 16070503.JPG
16070504.JPG 16070505.JPG
16070506.JPG  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ