2016年06月27日 配信

6/27(月)中山柔道会の小学生4選手が市長表敬

1つの道場から4選手が全国へ

160627nakayama02.jpg  
   

 中山柔道会に所属する小学生4人が「第13回全国小学校学年別柔道大会」に出場することが決定し6月23日、船橋市役所を訪問し松戸徹市長と松本文化教育長に報告した。

  
 この日出席したのは中山柔道会会長の狩野徳之さん、監督の川端慎一さん、法典小5年の川端倖明くん、海神南小5年の中野心太くん、小栗原小6年の相田夏音さん、小栗原小6年の葛西桃香さんとその保護者。

 
  全国大会に出場する4人は、5月29日に開催された「全国小学校学年別柔道大会 千葉県予選 個人戦」でそれぞれの階級で優勝し、全国大会出場の切符を手に入れた。

 同大会は小学校5年、6年の男女別に45kg未満と45kg以上の2階級、全8階級に分かれている。この8階級のうち、4階級で中山柔道会の4人が優勝するという快挙。「1つの道場から4人も全国に行くことができて、本当にすごいこと」と狩野さん。

 全国大会出場が2回目の川端くんは「優勝目指してがんばります」と意気込みを話した。川端くんに誘われて小学1年から柔道を始めたという中野くんも「優勝したい」と話した。

 相田さんも2回目の全国大会。「1本勝ちで優勝したい」と力強く話し、葛西さんは「小学3年生から柔道を始めました。初めての全国大会で優勝したい」と抱負を話した。

 週に3回、西部公民館で練習をしている中山柔道会の選手たち。「時間が短いので基礎体力づくりに力を入れて、短時間集中型で指導しています。4人も全国に行くことができてうれしい」と川端さん。

 松戸市長は「中山柔道会には素晴らしい先輩たちもいるし、指導者や家族にも感謝してがんばってほしい。これまでの練習の成果を出し切ってきてください」と激励の言葉をおくった。第13回全国小学校学年別柔道大会は8月28日に三重県伊勢市で開催される。

160627nakayama01.jpg 160627nakayama03.jpg
160627nakayama04.jpg 160627nakayama05.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ