2016年06月23日 配信

6/23(木)湊中学校でらんま先生のエコ科学実験講演会

エコ実験パフォーマーらんま先生の授業を三校合同で


160622ranma04.jpg  
   

 湊中学校(船橋市日の出1-1-2、TEL 047-431-5986)で6月17日、湊中学校全校生徒、湊町小学校6年生、南本町小学校6年生を対象に、らんま先生によるエコ科学実験講演会が開催された。

 主催は、湊中学校、湊町小学校、南本町小学校の3校で構成される三校合同連絡協議会。三校合同連絡協議会とは、湊中学校区の連携強化、地域との連携、小中学校のつながりを強くするための組織で、中学校区内で小学校から中学校へスムーズに進学できることを目的としたもの。

 今回のイベントは、小・中学生が一緒に学ぶ場を提供するとともに、環境や科学への興味・関心を高めることを目的としている。

 「小学生と中学生が一緒に講義を受けるのは初の試み。そういう意味でもおもしろい企画だと思います」と湊中学校の斉藤先生。

 らんま先生は環境問題と科学実験、パフォーマンスを融合したeco実験パフォーマーとして幅広く活躍しており、「環境パフォーマー」の認定を環境省から唯一受けている。

 この日らんま先生は得意とするジャグリングや手品を取り入れながら、「作用・反作用」や「運動量保存の法則」、「ジャイロ効果」、「酸化還元反応」などの講義をし、生徒、児童たちは積極的に手を挙げて参加した。

 最後にらんま先生から「あいさつ、時間を守る、誰に対しても同じ態度で接するというこの3点はとても大事なこと」とメッセージが送られ、授業は締めくくられた。

 湊中学3年の河野佑季さんは「ジャグリングを交えながらの楽しい実験が多く、最初から最後まで本当に楽しかった。ecoについて考える時間にもなりました」と笑顔で感想を話した。

160622ranma01.jpg 160622ranma02.jpg
160622ranma03.jpg 160622ranma05.jpg
160622ranma06.jpg 160622ranma07.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ