2016年06月18日 配信

6/18(土)船橋市とクボタスピアーズが相互連携・支援協定

市の活性化、スポーツ活動支援、青少年健全育成などを約束 

 IMG_0410kyoutei.jpg  
   

 船橋市内に本拠地を構えるラグビートップリーグのクボタスピアーズ(船橋市栄町2-16-1)が相互連携・支援協力に関する協定を6月18日、「2016クボタスピアーズラグビーフェスティバル」会場で船橋市と締結した。

 船橋市によると、クボタスピアーズはこれまでにも青少年の健全育成や学校共育への協力、市民まつりなどの市事業への積極関与などで貢献は大きかったという。ラグビー教室は、宮本小学校、金杉台小学校、田喜野井小学校、中野木小学校、高根小学校などで活動実績がある。

 今回の協定締結では、相互に連携支援する内容を書面に残し、互いにサインしたものを保管し合う。

 船橋市側はクボタスピアーズのPRに関する事、応援活動等の支援協力に関する事、地域貢献活動への支援協力に関する事、市民との交流に関することなどを約束。 

 一方のクボタスピアーズ側は、市の活性化支援協力に関する事、市民のスポーツ活動への支援協力に関する事、青少年の健全育成への支援協力に関する事、その他の地域貢献活動への支援協力などを盛り込んだ。

 協定の有効期間は1年間、満了1か月前までに双方から申し出がない場合には同条件で1年間更新するものになっている。

 この日の調印式には、船橋市側から松戸徹市長、黒田副市長、山崎副市長、松本教育長、市ラグビー協会から小石会長が参加。クボタ側は、松木部長、奥野工場長、近藤人事部長、石川ゼネラルマネージャー、ルディケヘッドコーチが参加。松戸市長と松木部長の調印を見守った。

 具体的な行動として、クボタスピアーズは6月21日に同チームの船橋グラウンドで14時~15時の予定で「スコットランド代表選手によるラグビークリニック」を実施。船橋市は、市内の公共施設へポスター掲示、広報ふなばし等で試合日程などを周知、スピアーズグッズをふるさと納税の特典に加えるなどを行う。

IMG_0403kyoutei.jpg IMG_0416kyoutei.jpg
   
IMG_0426kyoutei.jpg  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ