2016年06月18日 配信

6/18(金)船橋アリーナで熊本支援チャリティイベント「ビー・バンク」

障がい福祉事業者らが立ち上げ

160614bbank.jpg  
   

 船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で6月30日、障がい福祉事業関係者らが開催する熊本チャリティーイベント「B・bank(ビー・バンク)-踊って・食べて・支援しよう!-」が行われる。

 ビー・バンクとは「困難に面した方々を助けたい」という思いから発足。皆で作る基金を目指しており、困難に立ち向かう「勇気(brave)」、復興を成し遂げることを「信じる(believe)」、皆を「後押しする力(boost)」の3つの「B」を信じて守りたいという思いから命名。事務局を務めるhoneybee代表の西島希美さんを中心に、障がい福祉にかかわる事業者が集まりイベントを立ち上げた。

 当日は、熊本地震の復興支援のため、「踊って、食べて、楽しんでもらうことで熊本の支援ができるように」と、船橋市内の15団体が出店。各団体が各々の持ち味をいかし出店する。

 「踊る」コーナーでは社交ダンス体験、ミッキー体操のほか、中央広場でみんなで好きなダンスやステップで踊る時間も設ける。「食べる」コーナーでは、どんどん焼き、焼きそば、手作りクッキー、綿菓子やソフトドリンクなどを販売。「楽しむ」コーナーでは、はた織り体験、ブレスレット作り体験、段ボールトイレ作り体験などを行う。

 熊本からも障がい者作業所の製品販売で「慶信会 第二城南学園」が出店。切り干し大根や、熊本手作りクッキーなどを販売する。同団体とは、西島さんらが5月に熊本の障がい者作業所の現状を視察に行った際に訪れ、その後もやりとりをする中で出店が決まったという。「被害のあった作業所に、作業の依頼をすることで少しでも支援につながるのでは」と西島さん。

 参加団体は以下の通り。

 ダンススタジオ夏見、慶信会 第二城南学園(熊本市南区)、honeybee、あいらんど、しーど、1to1ぶろっさむ・わさび、劇団☆ゆにぃ~く&ぴーす、ふくしねっと工房、ホームグランド、さくら太鼓、なゆた、田邉葉心、そよ風ひろば はぐくみ・宝珠、happydesign、鉄腕あとむ、エイド・サポート、ゆるっと。

 催しとして、13時30分に社交ダンス演舞、14時30分=ミッキー体操、15時=フルート奏者による演奏会、15時30分=ダンス体験も行う。

 前売り入場券500円は全額を義援金として、熊本の障がい者施設へ寄付を行う。団体により、売り上げの全額や一部を寄付をする。「熊本からの障がい者施設作業所の作品を販売するので、購入でのご協力も大変嬉しいです」と西島さん。 

 開催時間は13時~閉場17時。問合せは、事務局047-402-4328(honeybee)。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ