2016年06月13日 配信

6/13(月)西船橋に大人が集う洋風酒場とコーヒーの店

人と人とがつながる場所を目指して

160613DSC_2326.JPG  
   

 JR西船橋駅北口から徒歩10分の場所に5月1日、洋風酒場とコーヒーの店「Cannes×Kakuya Coffee Stand」(船橋市西船5-15-5 2F 、TEL 070-1582-8880)がオープンした。

 同店は西船橋駅北口徒歩1分の路地に店舗を構えている「Cannes(カンヌ)」(西船4-24-8 2F)と「Kakuya Coffee Stand」(西船4-24-8 駐車場)それぞれの店主の共同経営。店主同士は前職場での同僚、意気投合し一緒に働くことになった。

 「Cannes」店主の尾方琢斗さん(30)は船橋生まれの船橋育ち。「Cannes」は母親が営む美容室の2階と3階で展開している。そしてその駐車場の一画でコーヒースタンドを営業しているのが「Kakuya Coffee Stand」店主の蘆田格也(あしだかくや)さん(24)。格也さんは兵庫県出身。

 店舗面積は8坪。4人掛けソファ1卓にカウンター5席の計9席だが、窓辺での立食も可能。内装はすべて手造り。二人が好きだという木のぬくもりを生かした総板張りで、歩道に掲げている看板も流木を使用。「流木は茜浜で見つけてきました」と格也さん。サーファーでもある尾方さんのサーフボードが飾られ、店内は潮の香りが漂うような海を意識した造りにもなっている。

 フードメニューはパスタ(850円~)や「気分屋のカレー」(850円)、「色彩のピクルス」「白レバーパテ」(以上600円)など。「その人のその日の気分や体調を聞いてその時をいちばん楽しんでもらえる料理を作ります」と尾方さん。アルコールはカクテルやワイン、ウイスキーなど(以上600円)。格也さんのコーヒーは豆本来の果実の味が楽しめるよう仕上げているという。

 「人と人とのつながりを大事にしていて、どうしたら一見関係ない人と人とをつなぐことができるのかを考えたとき、つながれる場の存在がひとつの解決策になるのではないかと考えたんです」と格也さん。「そこに飲み物とご飯が存在すればいいんです。この場所、ここでの食事が新しい縁を生み、楽しみを増やせればと思い、そんな空間を作っていきます」と尾方さん。

 営業時間や定休日は不定。日によって異なるので事前に問い合わせが必要。貸し切りも対応可。

160613DSC_2333.JPG 160613DSC_2337.JPG
160613DSC_2338.JPG 160613DSC_2340.JPG
160613DSC_2341.JPG  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ