2016年06月07日 配信

6/7(火)ふなっしーが「犯罪なっしー広報官」に就任

「犯罪なっしー広報官」の名刺が市内ATM設置へ

IMG_0001hannzainassi-.jpg IMG_0051hannzxainassi-.jpg
   

 船橋市内の梨の妖精で最も知名度の高いふなっしーが、警察署から「犯罪なっしー広報官」に抜擢され、6月7日10時から船橋駅北口のデッキ(船橋市本町7-1-1)で委嘱式が行われた。

 「犯罪なっしー広報官」の委嘱は、船橋警察署の齋藤憲一署長と船橋東警察署の櫻井明夫所長の連名によるもので老若男女にファン層の幅広いふなっしーの人気を借りて一般市民の振り込め詐欺防止の普及を目指そうという取り組みだ。

 船橋市は、5月31日までの振り込め詐欺被害件数が、106件(船橋署管内48件、船橋東署管内58件)、被害金額2億1714万1833円で千葉県内でワースト1位。ちなみに、千葉県は、東京都、大阪府、神奈川県に次いでワースト4位となっている。

 また、還付金詐欺だけを集計すると、4月末現在で全国でも断トツのワースト1位という被害状況だ。

 委嘱式には、両警察署長のほか、市内の銀行を代表して最寄りの千葉銀行船橋北口支店から泉水宏之支店長が参加。振り込め詐欺の実情と水際で市民力を動員して食い止める事の有効性などを話した。

 署長らの話が終わってふなっしーが入場、「犯罪なっしー広報官」の委嘱を受けたふなっしーは、「船橋市が振り込め詐欺被害の多い地域と聞いては聞き捨てならないなっしー。みんなの力で振り込め詐欺なっしーでいくなっしー」と話した。 

 犯罪なっしー広報官の名刺を受け取ると、さっそく泉水支店長に手渡し、「ふなっしーと申します。振り込め詐欺の防止に協力お願いしますなっしー」と、そつなく仕事をこなした。その後、地域防犯パトロール隊などのボランティアに対し、「みんなの力で振り込め詐欺をなっしーに」と一人一人に呼びかけ檄を飛ばすシーンも。

 今週中には警察や金融機関と連携し、千葉銀行の各支店を皮切りに市内のATMに「犯罪なっしー広報官 ふなっしー」の名刺を設置。ATM利用者がふなっしーの名刺を自由に持ち帰れるようにする。多くの目で監視することで振り込め詐欺防止の効果を高める狙いだ。

 「ATMなどでふなっしーの名刺を見かけたら持ち帰る際にはSNSなどで『振り込め詐欺防止なっしー』『犯罪なっしーに』などと、是非とも拡散をお願いしたい。皆さんの力で船橋の振り込め詐欺被害を減らしたいのでご協力をお願いします」と、船橋警察署の担当署員。

IMG_0008hannzainassi-.jpg IMG_0017hannzainassi-.jpg
   
IMG_0046hannzainassi-.jpg IMG_9990hannzainassi-.jpg
   
IMG_0081hannzainassi-.jpg  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ