2016年05月21日 配信

5/21(土)御滝不動尊で「桜の第九演奏会合唱団員」の募集
桜の咲く時期、本堂前の石段で合唱を

otakihudoukouen 020daiku.jpg  
   

 季節ごとに各種イベントの会場として境内を開放している御滝不動尊(船橋市金杉6-25-1)で、桜が満開になる3月26日に合わせて「市民と楽しむ桜の第九演奏会」を予定、その演奏会に合わせて合唱団を組織参加するメンバー募集が始まった。

 主催は、「市民と楽しむ桜の第九演奏会実行委員会」。境内の桜が満開を迎え見頃を迎える来春、本堂前の階段をステージに100人の合唱団で第九を合唱しようという取り組み。

 「桜が満開の境内で、豊かな緑に囲まれたステージで、船橋市民によって組織された合唱団の演奏を観る事が出来たらどんなに素敵でしょう」と、メンバーの発案で実行委員会が組織された。合唱は、本堂前の石段を使って行われる。

 募集は、ゴールデンウイーク明けから行われた。まだチラシを配布している最中だが既に申込書が6通、問合せの電話は30件以上かかっているという。「このままでしたらすぐに定員に達してくれろそう」と、同会実行委員長。募集しているのは、ソプラノ30人、アルト30人、テノール20人、バス20人の合計100人。

 当日までの間に、結団式を10月3日19時から二和公民館で開催。10月10日からほぼ毎週月曜日18時半から二和公民館や三咲小学校体育館などを会場に合唱練習を行う。合唱指導は、ソプラノ歌手の佐瀬光代さんが担当。

 当日の指揮者は、聖徳大学大学院音楽学部教授の河野正幸さん。ピアノは細川奈穂さんが担当する。そのほか、ソリストとして、佐瀬光代さんのほかに、栗田真帆さん(アルト)、布施雅也さん(テノール)、高橋祐樹さん(バリトン)も参加。

当日の演奏曲目は、第一部は御滝中学校管弦学部による春や桜をテーマにした演奏。第二部では、「オペレッタ名曲集」。第三部で「ベートーベン作曲、交響曲第九”合唱”第四楽章」を予定している。

 問合せは、047-448-2833(御滝不動尊)。申込み締め切りは8月31日まで。問い合わせ時には、名前・住所・メールアドレス・希望のパート・電話・FAX・携帯電話番号が必要。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ