2016年05月16日 配信

5/16(月)船橋東武で北海道津別町の「クマヤキ」

ふなばしゆかりのあのキャラとパティシエのコラボも

kumayaki3syu toubu.jpg kumayakimotitoubu.jpg
   

 船橋市と北海道の知られざるB級グルメ「クマヤキ」が、東武百貨店船橋店(船橋市本町7-1-1)で5月26日~6月1日の7日間限定で販売される。

 クマヤキは、船橋市と30年以上の市民間交流を持つ北海道網走郡の津別町にある道の駅「あいおい」だけで販売している名物スイーツ。今回、北海道放送制作で5月22日16時から放送のTBS系特番「それ行け!北海道物産展」と東武百貨店がコラボレーションして、放送終了後に同店で催事として販売することがきまった。

 クマヤキは、今年1月に東武百貨店池袋店で町外から初の遠征販売。見た目の可愛らしさとリーズナブルな価格でSNSを中心に話題を呼び1日で3,000個以上を販売した。

 

 今回販売するクマヤキは現地のものと同じ十勝産の小豆を使用。船橋市内の餡子製造会社「甲石製餡」に依頼し現地で使っているものを再現した。今回は、番組の中で登場した船橋市ゆかりの非公認キャラクターの紹介で、船橋市内の有名パティシエとクマヤキ製造チームがコラボして新フレーバーを生み出した。詳細は、22日放送の特別番組で紹介される。

 クマヤキは、1個181円(税込)。1人合計5個までの限定数で販売する。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ