2016年05月15日 配信

5/15(日)本町に「プレーゴ イタリアンDaining&Cafe-Bar」

高級食材を使った料理を提供

160513prego03.JPG  
   

京成船橋駅南口から徒歩5分、中央公民館先に3月10日、「プレーゴ イタリアンDaining&Cafe-Bar」(船橋市本町2-3-29、TEL 047-404-1655)がオープンした。

店主の礒谷博久さん(44)は生まれも育ちも船橋市の金杉。都内の飲食店で16年働き、料理とサービスを身に付けた。「次は地元に恩返しをしたいという思いで、船橋に出店した」と礒谷さん。

店舗面積は10坪。2人掛けテーブル6卓にカウンター4席の計16席。イタリア製の家具や食器も使い、店内は白と茶を基調とした「落ち着いた居心地のよい空間」を演出。「表通りから入った路地のビルの2階、店内には窓がなく、隠れ家的要素も意識しています」と礒谷さん。スポーツ観戦ができるモニターも用意。

カラスミヤやトリュフ、フォアグラ、ウニなど「なかなか手が届かない高級食材の料理を、なるべく気軽に食べてもらいたい」と、市場で自分の目で見て確かな食材を選んでいるという。

メニューはピザの「マルゲリータ」(500円)を始め、リゾット「フォアグラとポルチーニ茸入りクリームソース」(1,100円)、パスタ「ズワイガニと海老入りジェノベーゼソース」(800円)、「車海老のオーブン焼きシチリア風」(1,180円)、「フォアグラのグリル ヴィンコットソース」(1,350円)など。アルコールはカクテル(全380円)やグラスワイン(1杯300円)など。

「高級食材をリーズナブルな価格で提供、食を通じて喜んでもらえたらと思っています」と礒谷さん。すでに市内2店舗目についても構想が始まっているのだという。

営業時間は17時~24時。日曜祝日定休。8人以上貸し切り、25人まで立食も可能。貸し切りに限り日曜祝日も応相談。

160513prego02.jpg 160513prego01.jpg

160513prego04.JPG

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ