2016年05月02日 配信

5/2(月)印西の貸し農園敷地内に小さな花屋「ののこや」

開店から既に4カ月、同敷地内のカフェと合わせ話題に

IMG_7811nonokoya.jpg  IMG_7812nonokoya.jpg 
   

 船橋市と印西市との市境にある船橋在住の夫婦が運営する貸し農園「レンタルファームつくしんぼ」(印西市武西1205-48)内に12月3日小さなお花屋「ののこや」(TEL0476-85-5208)がオープンし、同施設内利用者の口コミからSNSなどで話題を呼んでいる。

 同店は、切り花の専門店。野原に生えている花をそのまま摘み取ってきたような飾らない普段使いの花から、大切な人へ贈るギフトまで幅広い層の花を扱う。また、エッセンシャルオイル、ハーブ関連商品、ハチミツを使ったスイーツなど主に女性層に訴求する商品を取り扱う。店舗面積は4.8坪。

  

 オーナーは成田市在住の伊藤美幸さん。独立を視野に入れて数年花屋で修業していたが、ちょうど雑貨屋PRELE(プレール)移転後の新しいテナントを探していた「レンタルファームつくしんぼ」に出会い、地中海風の洒落た建物たちに一目で惚れ込み開店を決めたという。

 仕入は、都内の太田市場を主に使う。レンタルファームの利用者や隣接するカフェ利用者らが店の雰囲気に惹かれ来店することが多いというが、常時50~70種揃える生花とそのアレンジのファンになり再来店する例も増えているという。

 「この施設の話題性のおかげで雑誌などに取り上げて頂ける機会が多く助かっています。お近くにお越しの際はお店の雰囲気だけでものぞいてみてくださいね」と伊藤さん。

 営業時間は、10時半~16時。日月定休。

IMG_7827nonokoya.jpg IMG_7833nonokoya.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ