2016年04月23日 配信

4/24(土)高根公団駅近くに「クラーチカフェ」

テラス20席、近々ランチタイム、バータイムも開始に

IMG_7732kura-tikafe.jpg  IMG_7730kura-tikafe.jpg 
   

高根公団駅から徒歩3分程度の有料老人ホーム「クラーチ・メディーナ船橋」(船橋市高根台7-18-15)1階に商業施設以外の店舗では珍しい、ゆったりとしたテラス席をもつクラーチカフェ(TEL047-468-8870)が4月1日オープンした。

駅から歩いて同店にたどり着くと目をひくのは、約10坪20席のゆったりとしたテラス席。店内は約30坪にテーブル36席、カウンター16席を備える。大きな壁を黒板として使用、チョークアートで本日のおすすめやメニューを紹介する。

現在はカフェ運営のみだが、ランチやバータイムの営業も視野に入れスタッフの教育を行っている最中だ。

クラーチ・メディーナ船橋は6月から入居開始予定の新規有料老人ホーム。施設を運営するのは株式会社クラーチ。クラーチとは、エスペラント語で「医療」や「ナーシングケア」「癒し」などを意味している。同社は、医療系の施設や病院、高齢者施設運営のキャピタルメディカグループの中核を担う会社。

今回オープンする船橋以外にも、同様のブランドで千葉に1棟、川崎に1棟(5月オープン)を運営。また、クラーチ・ファミリアのブランドで佐倉に1棟のほか相模原に1棟(5月オープン)。そのほか都内中心に関東圏に各種老人福祉施設を運営している。

「弊社の施設には全てバリスタマシンを常備したカフェスペースがありますが、今回初めて独立店舗でカフェを備えた施設をオープンさせます」と、店長の灰谷和子さん。「もともと、コーヒーには力を入れてきたのですが、船橋では特にイタリアのチンバリ社のエスプレッソマシンを導入しました」とも。

スタッフのユニフォームは左胸に「LOVE船橋」の刺繍。「地域密着を胸に、近隣住民の皆様にお役立ちできる施設を目指します」と話す。ランチタイムにはランチプレートを、灰谷さんの要望で導入したバーカウンターを活かしたバータイムは、入居者と近隣の住民が憩いの場として集える場所に育てていく予定だ。

メニューは、コーヒー280円から。実家がケーキ店だったという灰谷さん指導のもとスタッフが毎日手作りする「本日のケーキ」とセットで500円。フランス産のものを仕入れ、店内のオーブンで焼き立てを提供するクロワッサンは千葉の施設時代からの人気商品だという。

4月に入社したばかりの新入社員が「ラテアートに挑戦しています」と、はにかんだ笑顔で話す。「将来は生け花教室や、クラフト教室、ダンスなどもこのスペースで行っていきたい」と、灰谷さんは夢を膨らませる。「施設の敷地内に畑もあり野菜も作れる。栄養士のスタッフもいるのでこの先が楽しみなんです」とも。

営業時間は、平日9時~18時、9時~17時半(土日祝)。無休。

IMG_7728kura-tikafe.jpg
IMG_7733kura-tikafe.jpg
 
IMG_7729kura-tikafe.jpg
kura-tikafe.jpg
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ