2016年04月08日 配信

4/8(金)市内各地で桜が見ごろ

今季初、週末の快晴予報で花見需要ピークに

 

DSC_1999ebigawasakura.jpg sakuraebigawa.jpg
   

 船橋市内各所で満開を迎えている桜スポットでは、週末の晴天予報で多くの人出が見込まれている。

 船橋駅から徒歩圏にある海老川ジョギングロードには、雨天の続く中だが天気の様子を見計らって毎日多くの人が花見に訪れている。川の両岸に散歩やジョギング用に歩道が整備され、縁日の立ち並ぶ人気のスポットだ。

 

 車道の両脇から満開の桜が覆いかぶさるようにして桜のトンネルを作る二和高校近くの抜け道(二和西5付近)や中山競馬場近くの坂道(古作3付近)では、散歩をしながらカメラや携帯電話で満開になった桜の花を撮影している様子がうかがえる。

 時に、車を側道に停めて写真撮影に没頭する姿も見られるが、あわや衝突というシーンが見られることも少なくないので付近を運転する際には注意が必要だ。

 また、県立行田公園や長津川親水公園、北習志野近隣公園、船橋運動公園などの大規模な公園でも子連れ家庭や、送迎を終えたママグループの花見姿が見られる。いずれも満開のピークを少し過ぎ、桜の花びらがシャワーのように降り注ぐ様子から今週末が花見のピークとなりそうだ。

 気象庁発表による船橋地域の天気だが、週末の予報は土日共に晴れ。気温も15度程度となっており、薄い上着を羽織る程度で花見にはちょうど良い気候になりそうだ。

 今季は、週末に雨天や曇りでも肌寒い日が続くなど花見に適した日が少なかったため、ふなばしアンデルセン公園(金堀町525)でも「先週、天気が悪くても6000~7000人の来場客、今週末は少なくとも同程度、もっと多くの方がいらっしゃると思われます」と、多くの人出を見込んでいる。

 「園内の桜は満開を少し過ぎて、そろそろ花びらが風に舞っている感じ。今週末を逃すと今季の桜は観られなくなりそうです」とも。

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ