2016年04月01日 配信

4/1(金)ふなっこ畑で「つべつ和牛」数量限定販売会

道津別町の農業者が船橋市に

160401IMG_1895.jpg  
   

 農産物直売所ふなっこ畑(船橋市行田3-7-1)で3月30日、北海道津別町の畜産農家による「つべつ和牛」の販売会が行われた。

 津別町と船橋市は、1989年から青少年交流が行われており、昨年2015年には津別町の農業者が船橋市を訪問し、農業視察を行った。

 ふなっこ畑には、農産物の取引をしていたこともあり、今回初めて「つべつ和牛」の販売会が行われることとなった。

 津別町は森林面積が町全体の9割を占めており、つべつ和牛は、阿寒国立公園の湧水と良質な干し草で育てている。

 「大自然の中、おいしい空気と水で育てたつべつ和牛は赤身の旨みと脂身質の甘さが特徴です。今回はつべつ和牛の中でもA5ランクのものを持ってきました」と、津別町肉牛振興会会長で迫田牧場を経営する迫田浩司さん。

 当日は、すき焼き用と焼肉用(各250グラム 2500円)を販売。焼肉の無料試食コーナーを設け、来店客に振る舞った。試食した来店客からは「お肉が甘くておいしい」「柔らかくて食べやすい」などの感想があがった。この日つべつ和牛を購入したのは50人。津別から持ってきた100パック中70パックが売れたという。

 津別町役場産業振興課課長の横山智さんは、「初回にしてはまずまず。2パック買っていただいた方もいらっしゃいました。またこのような機会を設けたいですね」と話した。

 つべつ和牛の問い合わせは、津別町農業協同組合(TEL 0152-76-3322)まで。

160401IMG_1898.jpg 160401IMG_1899.jpg
160401IMG_1902.jpg 160401IMG_1896.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ