2016年02月10日 配信

2/10(水)市内のイチゴ農家で収穫ピークに

収穫数の安定は2月中旬を見込む

yamata05.jpg  
   

 船橋市内各所のイチゴ農家が収穫のピークを迎え、「ヤマタ農園」の直売所(船橋市二和東3-7-25、TEL 090-6560-2670)でもイチゴの直売を開始した。

 「多くの人から『今年はまだかい?』と連絡をいただいていてね。でも今年はまだあまり数が採れていないんだよ。どうやら全国的にそのようなんだけれどね」と話すのは、同園を営む角頼征亮さん。

 今年は年明けすぐに一度、気温が上がった際にイチゴが色づいてしまったため、出荷できるようなできあがりのイチゴは現在、例年ほど数が採れていないという。

 そのため、例年は1月20日ごろから毎日直売所を開けていたが、今年は収穫が少ない日に休業したこともあったという。

 直売所を訪れていた主婦は「この間、買いに来たのに閉まってて残念だったわ」、と角頼さんに詰め寄っている姿も。

 「今は1番最初に実がついた部分が出荷されていてね。2番目の実からは安定してくると思うので、2月中旬以降は毎日開けられると思う」と角頼さん。

 同園で栽培しているのは「あきひめ」と「やよいひめ」。中でも人気商品は1箱に1.5キロのイチゴが入った「サービスセット(1900円)」だ。ほかにも900円で通常小売店で販売されている2パック以上のイチゴが入ったものなどもあり、毎年買いに来る常連客も多い。

 「今年は数が採れていないからか、イチゴが値上がりしているよね。この前、1パック500円くらいの値がついているものもあったよ。その点、うちは今年も値段はそのままだよ」と笑顔の角頼さん。

 営業時間は11時(10時30分ごろから開く場合もあり)~17時(3月からは18時まで)。期間中は基本的に無休。

yamata01.jpg yamata02.jpg
yamata03.jpg yamata04.jpg
yamata06.jpg  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ