2015年11月22日 配信

11/22(日)きららホールで市民ミュージカル「バイバイ!先生」

市民ミュージカル「ゆにぃ~く&ぴぃ~す」第二弾

IMG_0851baibaisensei.jpg  
   

 船橋市民で作るミュージカル劇団「ゆにぃ~く&ぴぃ~す」の二回目となる公演が12月13日、きららホール(船橋市本町1-3-1)を会場にして行われることが分かった。

同ミュージカル団体は、ママ活動家として船橋市内を中心に知られている とおやまゆかりさんが旗振り役。国内トップクラスのヨサコイ団体「REDA舞神楽」をはじめとした全国の有名チームを振付している岡元邦治さん、歌手の小松優一さんらがプロデュースする。

 

団体のレッスンは毎週土曜日9時~12時、高根木戸駅にほど近いカフェ併設のダンススタジオ「アキングダム」(船橋市西習志野2-9-6)で行われている。昨年立ち上がった同劇団。市民による完全な手作りのミュージカル団体で、劇団員をはじめ音響や大道具もすべて素人による手作り。

 劇団のテーマは「一人一人の個性は違っていていい、それぞれがユニークなピース(piece)で。それぞれがお互いに認め合ってゆくことでピース(平和=peace)につながる」。

 演者に合わせて岡元さんが、台本をどんどん変えるというオリジナルの演出方法を採用する。 今回の公演は、「バイバイ!先生」。信じる事や運命から逃げ続けてきた先生が、タイムマシンを利用して昔歌手を目指していた自分に会いに行き、変わっていく様子をミュージカルで表現する。

 昨年の出演者と半数を入れ替え、平均年齢も大幅に若返ったという。子ども主体で臨む今回の公演のチケットは、現在同劇団の公式ブログで販売中だ。

バイバイ!先生 ゆにぃ~く&ぴぃ~す公式ブログ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d382c7de392148

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ