2015年11月15日 配信

11/15(日)市船サッカー部、ライバル流経柏を下し全国大会へ

後半34分から2得点、ダメ押しGで快勝 

IMG_1767ichifuna20kaime.jpg IMG_1769ichifuna20kaime.jpg
   

 柏市の千葉県立柏の葉公園総合競技場で1115日に行われた第94回全国高校サッカー選手権大会の千葉県大会決勝戦で市立船橋高校サッカー部が流通経済大学附属柏高校サッカー部と対戦、30で快勝し2年振り20回目の全国大会出場の切符をつかんだ。

 

 3年連続同じカードとなった千葉県大会決勝戦。昨年は惜しくも流経柏に優勝を譲った市船だったが、今年は夏のインターハイでもすでに全国大会準優勝を経験。

 今年の市船は大会前からも優勝候補の呼び声が高く、全国の強豪校からも高い評価を受け、注目を集めているという。

 この日の試合は、試合開始早々から流経柏のゴールを脅かす攻撃で市船がペースをつかんではじまった。前半19分にMF工藤友輝選手が右からのクロスに合わせて冷静に先制。前半は、そのまま市船ペースで進んでいった。

 

 後半に入ると流経柏がペースをつかむ場面もみられたが決定打に欠け、しばし膠着ムードに。このまま市船の1点リードで試合が終わるのかという雰囲気が流れ始めた後半34分、左サイドで得たフリーキックからDF白石達也選手が流経柏GKと競ってパンチングで弾かれたこぼれ球をDF金子大毅選手が左足のボレーで蹴りこんだ。

 さらに1分後、この日ケガで途中出場となったFW永藤歩選手が活躍。プレスをかけて相手DF菅原俊平選手から奪い取ったボールをドリブル、スピードに乗ってDFを振り切ると、GK西村鉱一選手をかわすシュートを丁寧に決めた。

 

 試合後に安堵の表情を見せ、OBを見送る朝岡隆蔵監督に全国大会に向けた意気込みを尋ねると、「まだ、試合が終わったばかりで気持ちの切り替えできていないですが…」と微笑みながら前置きし、「やるべきことを粛々とこなすだけです」と、この日の快勝に浮かれた様子を微塵も見せず話した。

IMG_1815ichifuna20kaime.jpg IMG_1859ichifuna20kaime.jpg
  ↑先制点をとって喜び合う選手たち
IMG_1873ichifuna20kaime.jpg IMG_2010ichifuna20kaime.jpg
   ↑市船の攻撃を流経大柏の堅い守備が阻む
IMG_2121ichifuna20kaime.jpg IMG_2283ichifuna20kaime.jpg
 ↑市船の攻撃を流経大柏の堅い こぼれ球をDF金子大毅選手がボレーで蹴りこんだ
IMG_2317ichifuna20kaime.jpg IMG_2470ichifuna20kaime.jpg
 ↑スピードで相手DFを置き去りにFW永藤歩選手のダメ押し弾  ↑最後まで戦い続けた流経大柏選手に市船応援団から暖かいエールがおくられた
IMG_2524ichifuna20kaime.jpg IMG_2544ichifuna20kaime.jpg
   
IMG_2598ichifuna20kaime.jpg IMG_2616ichifuna20kaime.jpg
   

IMG_2650ichifuna20kaime.jpg  IMG_2703ichifuna20kaime.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ