2015年11月12日 配信

11/12(木)千葉ジェッツと船橋市が共同開催「ホームタウンふなばしDAY」

ホーム試合で船橋市が提供する大抽選会も

JETSchirashi-1.jpg  
   

日本バスケットボールリーグ(NBL)2015-2016シーズン中の千葉ジェッツが船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で開催する11月14日~15日開催のホーム試合を「ホームタウンふなばしDAY」として船橋市と共同開催する。

千葉ジェッツは、今シーズンからホームタウンを船橋市に定めたことで、船橋市とはじめて共同でホーム試合を開催する。11月10日現在、リーグ12チーム中8位の千葉ジェッツは、この日リーグ5位の日立サンロッカーズ東京と対戦。

試合開始は14日が16時から、15日は15時からの予定だが、両日ともに試合開始3時間前から開場。さまざまな企画が用意されている。

両日ともに、試合前にはエキシビションゲームとして船橋市選抜の男女別中学生紅白戦が開催されるほか、「ダンスパフォーマンスフェスタ2015-2016」も開催。

これは、披露されるダンスパフォーマンスに対し、会場の盛り上がり、動画サイトでの投票、審査員による審査結果を踏まえて年間チャンピオンを決定するというもの。

「今回はご来場いただいたみなさんに、たくさんのプレゼント商品も用意させていただきました」と話すのは、千葉ジェッツ広報の西祐美子さん。
オリジナルデザインのスティックバルーンを両日2500人、スポンサー企業とコラボしたチームカラーのオリジナルTシャツは両日で4000人に。

さらにチームカラーの赤色に光る使い捨てライトが両日先着2000人に配布されるほか、「ジェッツ×ホームタウンふなばし」のオリジナルクリアファイルは両日先着5000人に無料配布される。

船橋市は、会場内に「ふなばしセレクション」を販売するブースを出店。15日は「ふなばし産品ブランド」PRキャラクターの「船えもん」も来場する。さらに両日ともにハーフタイムには、船橋市が提供する大抽選会も行われ、さまざまな景品がプレゼントされる。

「いつも見に来てくださっている方も、バスケの試合を見るのが初めてという方も、とてもリーズナブルに試合を見られ、楽しんでいただける機会です」と西さん。
同日は、船橋市に在勤、在住、在学の人限定で、通常の観戦チケット前売り料金の半額で観戦できる。

大人は2階自由席が1000円、1階自由席は1500円での特別販売。また、高校生の場合通常なら1階自由席で1500円かかるところが、同イベントでは高校生以下はすべて無料で観戦できる。

割引を受けるには、当日船橋市在勤、在住、在学を証明できるものを提示する必要がある。この割引でのチケットの購入・受け渡しは当日会場のみとなり、対象となる席は1階と2階の自由席のみ。通常の試合と同様に、試合終了後には選手とのふれあいタイムも予定されている。

同イベントに関する問い合わせは千葉ジェッツ(TEL 047-401-4084 平日10時~18時)まで。

151112chibajets01.jpg  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ