2015年11月02日 配信

11/2(月)ららぽーとで第15回「ゆめいちば」

クオリティの高いハンドメイド商品がたくさん

yumeichiba04.jpg  
   

 ららぽーとTOKYO-BAY(船橋市浜町 2-1-1、TEL 047-433-9800)中央広場で10月29日と30日の2日間、第15回「ゆめいちば」が開催された。

 
 同イベントは、地域の会員制ネットワークである「夢あみネット」が主催。定期的に船橋近辺の会場で開催しており、ららぽーとでの開催は4回目。
 
 「夢あみネット」とは「人と人、地域のつながりを大切に」をモットーに西川まゆみさんが2011年に発足した地域ネットワーク団体。現在は主要メンバー3人のもと、会員数は90人を超える。

 同日は、夢あみ会員34人の作家によるアクセサリーやレザー小物、刺繍作品や子ども服などのハンドメイド商品が販売され、初日の朝から大勢の来場客でにぎわった。木更津市から来場した4人組の女性は「どれもかわいいものばかり。このクオリティでこの価格はかなり魅力的」と、笑顔で話した。

 「今回はみなさんにもものづくりを楽しんでほしいとの思いから、ワークショップも充実させました」と代表の西川さん。千葉市、船橋市周辺でアクセサリー講座を定期的に開催しているあらいはるみさんが講師を務めた「ピアス&イヤリングとビジューネックレス作り」(参加費1,300円~)をはじめとして、布絵本の講座を市内で定期的に開催している「布絵本@まみぶ~の森」のいわもとまみさんは「針を使わない布絵本作り」(680円)を提供。

 また、船橋市内でソーイング教室&手作り工房「花の実」を主宰する井狩晶子さんによる「羊毛コサージュ&小物作り」(500円~)、同じく市内でネイルサロン「NailSalon ToyBOX」を営む大木愛さんによる「レンジで作るアクセサリー」(800円~)、市内のスクラップブッキング教室「ruru crop saya」を行う藤井清夏さんによる「フォトクリアボックス」(1,000円)には、小さい子どもを連れた母親たちが楽しむ姿も多く見られた。

 また市内で親子や子ども向けに英語指導を行っている「Titi English」工藤利恵講師の「英語でhalloweenを楽しもう」(1,000円)、鎌ケ谷市でカードリーディング鑑定を行っているたまゆらえりこさんの「直感カードリーディング」(2,500円~)の他、今回初出店となる南船橋の隠れ家風女性専用サロン「kahana」の「リフレクソロジー&ロミロミ」(500円)など、8つのワークショップが開催された。

 「ゆめいちば」の活動以外にも、「地域の方の交流の場を提供したい」との思いから、毎週火曜日に「夢あみカフェ」(船橋市東船橋6-3-17)をオープンしており、キッチンラックや折りたたみ式の棚などDIYのワークショップも行っている。

 次回は入園入学グッズが中心にそろえる「ゆめいちば」が1月28日、29日にららぽーとTOKYO-BAYで開催予定となっている。

yumeichiba01.jpg yumeichiba02.jpg
yumeichiba03.jpg yumeichiba05.jpg
yumeichiba06.jpg yumeichiba07.jpg
yumeichiba08.jpg  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ