2015年04月29日 配信

4/29(水) 船橋駅南口仲通りに「Old Lane」オープン
アメリカ南部の伝統煮込み料理やハンバーガーを提供

oldlane7.jpg  
   

 船橋駅南口・仲通りの中ほどに、アメリカ料理「Old Lane」(船橋市本町4-42-14、TEL047-405-9364)が3月1日にオープンし、2か月を迎える。

 同店を経営するのは、船橋のご当地ラーメン「ソースラーメン」を提供している「大輦」(船橋市本町4-20-17)経営の斉藤誠さん。

 斉藤さんは、都内の中華、イタリアン、アメリカ料理店など様々な分野で経験を積み重ね、今回、「大輦」とは異なる新しい分野に挑戦した。「いろんな料理の勉強をした中で、アメリカ料理に最も魅かれ、船橋にアメリカ料理店をいつか開きたいという思いが5~6年前からあった」と話す。

 店舗面積は1階と2階あわせて10坪。1階にはカウンター席を5席、2階にはテーブル席を10席用意。店内の木の壁に塗られたペンキの風合いが、アメリカ南部の雰囲気を演出。また赤いペンキで塗られた外観は、仲通りでひときわ目を惹く。

 「Old Laneという店名は、古い横丁という意味で、昔からの繁華街である仲通りに店舗があることから名付けた」と斎藤さん。

 メニューは、オクラを使ったアメリカ南部の伝統煮込み料理「チキン&ソーセージガンボ」(900円)や、ロメインレタスと自家製ドレッシングを使用したシーザーサラダや、自家製ブルーチーズドレッシングを使用したセロリスティック、バッファローウィングなどを提供。100%ビーフを150g使用したハンバーガー(1,200円)のバンズは、Little Breads To Go(船橋市本町1-21-16)のパンを使用する。

 ランチタイムは、ガンボ(1,000円)、タコライス(1,000円)、BLTサンド(900円)をサラダとドリンク付きで提供。「ジャニス・ジョップリンが愛したというアメリカで有名なフルーツフレーバーリキュールのソコもおすすめ。アメリカ料理を船橋で味わってほしい」と斉藤さん。

 営業時間は11時30分~14時、18時~24時。火曜定休。

oldlane1.jpg oldlane2.jpg
oldlane5.jpg oldlane6.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ