2015年04月27日 配信

4/27(月)北習志野駅前で「第35回花まつり」開催

子どもたちの健やかな成長を願って、華やかに

150427hana03.jpg  
   

 「JuJuきたなら」として知られる、北習志野駅前にある習志野台商店街(船橋市習志野台2)で4月26日、第35回目となる「花まつり」が開催された。

 
 花まつりは釈迦の誕生を祝うもので、仏教を始めた釈迦の生誕にちなんだもの。釈迦は、今から2500年前の4月8日、ヒマラヤ山の麓にあるカピラ国に生まれたという。その誕生を祝って各地で花御堂を飾り、甘茶をかける祭事が行われている。

 船橋仏教会でも毎年、北習志野の駅前商店街を歩行者天国にして、地域の3~12歳までの男女数十名が稚児として集まり、白象のオブジェを引いて釈迦の誕生を祝っている。
 同時に、古着や古書、生活雑貨などを中心とした地域参加のフリーマーケットのほか、ボーイスカウトによる飲料の無料サービスが行われており、今年も同様に開催された。

 稚児たちが花御堂に甘茶をかける姿を見て、「はじめて参加したが、衣装がとても可愛らしい。来年は自分の子供にも着させてみたい」と20代の主婦。
 「白象を引いた後、人々の健康などを祈願して、僧侶たちが盛大に念仏を唱えているのは迫力があった」と50代男性は感慨深げに語った。
 

150427hana05.jpg 150427hana01.jpg
150427hana02.jpg 150427hana07.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ