2015年04月12日 配信

4/12(日)船橋中央病院目の前に「38サイクル」

スケボーも取り扱う自転車店、出張サービスも

IMG_4592miyasaikuru.jpg  
   

 国道14号線沿い、船橋中央病院の道路を挟んだ目の前に38(ミヤ)サイクル(船橋市海神6-20-27,TEL 047-401-3738)が131日に開店し、営業を開始した。

 
 約5坪の店舗に、常時35~36台の自転車を展示している。販売はもちろん、修理や調整、メンテナンス、タイヤの空気を入れるサービスも全て店主の宮島裕さん(40)が一手に引き受ける。

 「人と話をするのが好きなので、接客中でない限りはタイヤに空気入れるのも極力僕がやりたいと思っています。年配の方が多いのでコンビ感覚で利用してほしいです」と笑顔を見せる。

 自転車専門店でファミリーサイクルから子ども用、電動アシストや本格的なスポーツサイクルまで各種が並ぶが、店内の一角には20年来の趣味だというスケートボードも設置する。

 宮島さんは、卒業後、鉄鋼関連の仕事に就いたが、趣味のオートバイやスケートボードに近い分野で働きたいと、自転車店大手のセオサイクルを転職先に選択、同社で8年間の経験を積んだ後、独立した。

 「手軽にカスタムできる点、こがなきゃ走らないという点で自転車は面白い。バイクやスケボーとの共通点もあるのでこれなら続けられると思いました。大手ではできない細かいサービスも手掛けていきたい」と話す。

 同店では、大手やチェーン店、個人店でも敬遠しがちな「インターネットで購入した自転車」のメンテナンスや修理も引き受ける。もちろん、同店以外で購入した自転車に関しても同様だ。

 「せっかく自転車組立整備士や自転車技士といった資格を取得して安全に自転車を組める責任を持てるのですから自転車に関するなんでも屋さんになりたいんです。勤めているときにはできなかった、個人だからできるサービスを提供していきたい」と、宮島さんは同店のコンセプトを話す。

 同店の営業時間後に修理の依頼が出た場合は、シャッター前に自転車を施錠した状態で置いて、留守電に入れておけば営業時間中に修理しておくサービスや、タイヤ交換を覚悟するのであればスクーターで10分圏内(船橋駅周辺~西船橋駅周辺)までの出張修理などのサービスもフレキシブルに対応する。

 営業時間は、10時半~19時半。水曜日定休、現在のところは営業していることが多いが今後周囲の店舗との兼ね合いで変更も視野に入れている。

IMG_4593miyasaikuru.jpg  IMG_4595miyasaikuru.jpg
   
IMG_4594miyasaikuru.jpg  
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ