2015年03月05日 配信

3/5 (木)本町の不動院で「大仏追善供養」

津波で亡くなった漁師や住民を弔う

daibutu1.jpg  
   

 本町の不動院(船橋市本町3-4-6)228日、1746年の津波で溺死した漁師や住民の供養、漁場を守ろうと命をかけた漁師を弔う「大仏追善供養」が行われた。

 

 1746年の津波で多くの漁師や住民が溺死したことや、江戸時代に漁場の境界をめぐる争いの中で、船橋の漁師が相手方の侍を殴打したことで3人が入牢したが、牢内では十分な食事をすることができず、餓死したと言われている。

 1825年以降、津波で亡くなった人、命懸けで漁場を守ろうとした漁師を供養するため、同行事は毎年228日(明治以前は128日)に行われるようになった。

 今年の供養にも、近隣の住民と地元の漁師が多く参加。「二度と海の惨事が起きませんように」という願いを込め、大仏の顔や肩などに白飯を盛り付けた。

 大仏についた白飯を食べると、1年間風邪をひかずに過ごせるとの言い伝えから、大仏から取った白飯を口に運んだり、持参した袋に入れて持ち帰る姿も。

 「今日は船橋の漁場を命懸けで守ってくれた先輩方を供養する日です。行事を通して、歴史を風化させないよう、毎年皆さんと一緒に供養をしたいと思っています」と船橋市漁業協同組合・組合長の滝口宣彦さん。

 「学校の教科書で見て、参加したいと思った。昔は船にのって魚を獲りに行くことも大変だったということがわかった」と話すのは、海神小学校3年生男児。

 同組合・専務理事の松本好司さんは「漁師だけでなく、津波で亡くなった多くの方のためにも、これからもしっかりと供養していきたいと思います」と話した。

daibutu3.jpg daibutu2.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ