2014年11月13日 配信

11/13(木)船橋市場で「農水産祭り」

市民と農水産業者の交流を目的に

141113nousuisann3.JPG  
   

 船橋市地方卸売市場(船橋市市場1-8-1 TEL047-424-1151)で11月9日、「船橋市農水産祭」が開催され、約1万5千人の市民が訪れた。

 船橋市の都市農業と水産業の振興や船橋の生産品の安全・安心をPRする事を目的とした同イベントは、今年で47回目。市場が地方市場に転換されてから今回が初めてのイベントとなった。参加団体は35団体。

 松戸徹市長、野田佳彦前総理らによる開会の挨拶の後、祝い餅まきが行われた。会場では農水産物の即売や、苗木配布、卵のつかみ取りも行われた。

 また、マグロの解体ショーではこの日が誕生日であった松戸市長が挑戦。農産物品評会場では、小松菜、キャベツやシクラメンなどの受賞品目の展示も行われた。船橋産品ブランドPRキャラクター「船えもん」も会場内に登場し、子ども達に囲まれた。

 ステージでは「船橋芝六太鼓」の演奏、「横洲かおるwithキッズうぐいす」と、船橋ご当地アイドルユニット「フルーツリング」の歌と踊り、「ヒナヒナウクレレバンド」の演奏、野菜・シクラメンの模擬競り市、「郷嵐會」による和太鼓など多彩な催しが行われた。

 「船橋の若手農家が作った野菜を毎年即売している。若者が頑張っていることを市民にPRしたい」と、船橋市農業青少年クラブ会長の齋藤和也さん。

 また、船橋市漁業協同組合の松本好司さんは「ホンビノス貝の水揚げは三番瀬が日本一。調理前に砂抜きする必要がなく、味噌汁や浜焼きにしても美味しい。アサリと生息場所を棲み分けており、資源の有効利用の観点からも船橋の新名物として期待できる」とも。

141113nousuisann1.JPG 141113nousuisann2.JPG
141113nousuisann4.JPG 141113nousuisann5.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ