2014年11月10日 配信

11/10(月)「ゆにぃ~く&ぴぃ~す」旗揚げ公演間近、最終調整進む

で完成しないミュージカル、最後のピースは観客

 IMG_0097yunipi.jpg  
   

 

 船橋市民でつくり上げるミュージカル団体「ゆにぃ~く&ぴぃ~す」が、1123日に迫った旗揚げ公演に向け、急ピッチで歌やダンスなどの最終調整を図っている。

 

 同ミュージカル団体のレッスンは中央公民館を中心に毎週土曜日9時~12時に行われる。この日のレッスン会場は、高根木戸駅から程近いカフェ併設のスタジオ「アキングダム」(船橋市西習志野2-9-6)。劇団員らはダンスと歌のレッスンに汗を流し、細かい部分の調整や確認などを行った。

 

 同ミュージカル団体は、ママ活動家として船橋市内を中心に知られている とおやまゆかりさんが代表。国内トップクラスのヨサコイ団体「REDA舞神楽」をはじめとした全国の有名チームを振付している岡元邦治さん、歌手の小松優一さんらが脇を固める。

 

 8月に立ち上げた市民による手作りのミュージカル団体で、劇団員をはじめ音響や大道具もすべて素人による手作り。監督する岡元さんもミュージカルやヨサコイの演出経験者はあるものの監督は初の試み。

 音楽やアレンジを担当する小松さんは、「市民の手作りだからこそハプニングやアクシデントも面白い要素。完成のない舞台を期待できる」と、見どころを語る。

 

 出演者は22人、スタッフを合わせると50人を超える。総合格闘技のレフリーで全国的に知名度の高い島田裕二さんやPTA会長として市内の教育界で知られる稲村祥江さん、ママ活動かとして活躍する市民など地域活動に積極的に参加するメンバーが顔をそろえる。

 

 小道具や大道具は段ボールアート、舞台のBGMはオリジナルで音響効果はピアノやギターを使ってその場の雰囲気や観客のノリ具合を見て即興で演奏する。

 

 劇団のテーマは「一人一人の個性は違っていていい、それぞれがユニークなピース(piece)で。それぞれがお互いに認め合ってゆくことでピース(平和=peace)につながる」というもの。

 演者に合わせて岡元さんが、台本をどんどん変えるという風変わりな演出方法を採用している。心の悩みや過去のトラウマ、心の傷にふれた生々しい表現や演出が、メンバー間のすれ違いや意見の食い違いに発展したこともあったという。

 「みんなが、お互いを尊重し合って、お互いを受け入れあって完成に向かってゆくミュージカル。どこにもないオリジナルのミュージカルをお届けします」と岡元さん、小松さんは現在の完成度に胸を張る。

 チケットは残席100席程度で全席1000円。旗揚げ公演は1123日午前の部10時半~、午後の部13時~の二部制。チケットは、公式ブログの申し込みフォームから。https://ssl.form-mailer.jp/fms/fdb31301319535

 IMG_0084yunipi.jpg IMG_0092yunipi.jpg
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ