2014年11月08日 配信

11/8(土)宮本小学校で「まちづくり体験教室」

模型を使って街づくりを疑似体験

miyasho01.jpg
 
 
   

 宮本小学校(船橋市宮本7-10-1 TEL047-422-6187)で114日、6年生を対象にした「まちづくり体験教室」が行われた。

 

この体験教室は、船橋市都市計画部都市計画課まちづくり支援室が主催。まちづくりの啓発活動の一環として実施された。

今まで大人向けのまちづくり講座は行われていたが、子どもを対象とした講座は今回が初。「将来を担う子どもたちが都市計画について少しでも興味を持ち、まちづくりを身近に感じるきっかけづくりになれば」と市担当者。

 

児童は都市計画の基本的な考え方やルールなどの説明を聞いた後、実際に模型を使ってまちづくり体験を行った。6年生1クラスが56人のグループに分かれ、グループ内で話し合いながら海や道路が描かれた模造紙の上に建物の模型を置いてまちをつくった。

「郵便局は家の近くにあったほうが便利」「工場の近くに家があると洗濯物がちょっと気になるな」など、いろいろな意見を出し合い、楽しみながら街づくりに取り組んだ。

 

  1115日には、各グループが作成した街についての発表会を行う予定。

 

miyasho02.jpg miyasho05.jpg
miyasho03.jpg miyasho04.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ