2014年10月28日 配信

10/28(火)船橋駅前の「麺屋二代目 弘」リニューアル

素材にこだわったラーメンを提供

141028menhiro05.jpg  
   

 船橋駅前にある「麺屋二代目 弘」(船橋市本町4-2-22 TEL047-426-4555)が9月9日、リニューアルオープンした。

 店長の曽根弘貴さんはラーメン業界に入って3年目。もともとは同店は弘貴さんの母親が経営しており、料理人を雇って営業していたが、いずれ息子に継がせたいという思いから、現店主の名前にちなんで「弘(ひろ)」と名付けたという。

 親孝行をしたいという気持ちもあり、2年前に思い切って業界に入ったという弘貴さん。「ラーメン店や学校で修業を重ねるうちに、どんどんラーメンの奥の深さに魅せられ、自分の納得のいくラーメンを作り出すために日々励んだという。麺もオリジナル、醤油も塩もすべて自分なりにこだわっています」と話す。

 黒と白のモダンな印象の看板が目印の同店は、カウンター16席を用意。内装も木目を活かしたデザインを基調とした清潔で落ち着いた雰囲気になっている。

 オープン以来つぎたし煮込み続けている豚骨スープに、船橋産の小松菜、チャーシュー、ねぎ、のりをトッピングした醤油ラーメン(750円)は来店者からも好評の一品。その他、つけめん(850円)、塩ラーメン(750円)、チャーシュー醤油ラーメン(1000円)などを提供。

 麺の硬さ、味の濃さ、油の量も好みで選ぶことが可能。またテーブルにはニンニクのすりおろし、しょうがのすりおろし、豆板醤を用意し、自分で調整ができる。

 「以前の弘とは全く違う、ラーメンを是非一度味わってください」と弘貴さん。

 営業時間は11時~翌2時(日曜日は翌1時まで)。

141028menhiro02.jpg 141028menhiro01.jpg
141028menhiro03.jpg 141028menhiro04.jpg

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ