2014年10月27日 配信

10/27(月)アンデルセン公園で「インターナショナルフェスティバル」

異国文化を楽しむまつり

141027inta4.jpg  
   

 ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525)で10月26日、「インターナショナルフェスティバル2014 世界の国からこんにちは」が開催された。

 主催は船橋市国際交流協会。市民に世界の国々の文化や習慣を身近に知ってもらおうと開催された同イベント。昨年は船橋駅近くの天沼公園が会場だったが、今年はデンマーク王国オーデンセ市と船橋市の姉妹都市提携25周年の節目ということで、同園での開催となった。

 この日は無料開放日だったこともあり、休日を楽しむ多くの家族連れでにぎわいをみせた。

 イベントドームのステージでは「ジャンベ」と呼ばれる西アフリカの太鼓の演奏をはじめ、世界各国の民族衣装をまとった歌や踊りが披露された。参加者はリズムに合わせて身体を動かしながら楽しみ「外国の言葉はよく分からないけど、楽しいし、ワクワクする」と参加した女の子。

 他にも、世界の料理を販売する5つの模擬店と民芸品などを販売する8つのフリーマーケットが出店。切り絵や植物の染料「ヘナ」を使ったボディーペインティングが体験できるコーナーなどは親子連れが列を作った。

 「これからも市民の方に気軽に外国の空気に触れてもらえるようなイベントとして定着させていきたい」とイベント担当者。

141027inta1.jpg 141027inta2.jpg
141027inta3.jpg 141027inta5.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ