2014年10月25日 配信

10/25(土)津田沼駅北口の「麺酒処 がつん!!」

前店「親父の塩」から一転、カフェバー風に

 141020gatsun6.jpg

 JR津田沼駅北口から徒歩3分に位置する「麺酒処 がつん!!」(船橋市前原西2-13-1 TEL 047-409-2939)が10月3日、前身の「らーめん酒場 親父の塩」からのリニューアルオープンを果たした。

 

 同店は京成津田沼駅そばで営業していた店舗が2013年12月、同場所に「らーめん酒場 親父の塩」として移店。アンデス産の岩塩や外国産の湖塩、天然塩をオリジナルで調合した塩ラーメンを提供した。

 

 しかし、「ラーメンは日々進化する」と語る店長の今村さんは、次にメーンに提供する素材として煮干しらーめんに着目。持ち前の研究心から塩ラーメンの時と同様、オリジナルの煮干しらーめんのスープを開発し、今回のリニューアルに至ったという。

 

 店名も「らーめん酒場 親父の塩」から「麺酒処 がつん!!」に改名。約30坪の店内にはテーブル席6席、カウンター席7席の他、ソファーや座敷も用意。黒を基調とした天井やコルク調の壁などは、店主の今村徳男さん(72)の息子さんがデザインを手掛けた。
 

 提供する煮干しらーめん(780円)は、煮干し・サバ節・サンマ節、鶏の手羽とネック、豚骨のスープに、ニンニク、リンゴ、ドライトマトなどを加えた醤油ダレで深みを出しているという。

 

 小ぶりで深底の冷めにくい器には、自慢のスープに絡まるストレート中細麺を使用。チャーシュー、味玉、メンマ、海苔、ネギをトッピングしている。

 

 営業時間は11時~14時(金・土のみ)、18時~翌3時(ラストオーダー翌2時30分)。日曜定休。

141020gatsun2.jpg 141020gatsun5.jpg
141020gatsun7.jpg

141020gatsun1.jpg  
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
京成津田沼で140年続く古民家を食品中心のセレクトショップに... 12/30(土)京成津田沼で140年続く古民家をセレクトショップに 200坪の敷地ごとリノベするプロジェクト    京成津田沼駅前の商店街にある「MICHIYA(ミチヤ)」(習志野市津田沼5-10-9、TEL 047-451-1441)が2016年12月5日のオープン...
津田沼パルコ地下1階に全15店舗の「つだぬマルシェ」、開業4... 10/5(木)津田沼パルコ地下1階に全15店舗の「つだぬマルシェ」 開業以来、40年ぶりの地下全面リニューアル             津田沼パルコ(船橋市前原西2-18-1、TEL 047...
魚介系に特化した「栄昇ラーメン」の2号店、「栄昇ラーメン匠」... 9/28(木)魚介系に特化した「栄昇ラーメン」の二号店 「栄昇ラーメン匠」が新津田沼駅近くにオープン        新京成電鉄新津田沼駅そばにある「栄昇ラーメン匠」(習志野市津田沼1-10-41、TEL047-429-803...
習志野市大久保に房総式らーめん専門店「JINRIKISEN-... 3/12(日)習志野市大久保の商店街に房総式らーめん専門店「JINRIKISEN-人力船-」 八千代のご当地らーめん専門店「ra2」オーナーが姉妹店   京成電鉄大久保駅から東邦大学に至る商店街の一角に房総式らーめん専門店の「JINRIKISEN-人力船-」(習...
津田沼にバーベキューとレイブを楽しむ「メディテラネオ」、スペ... 7/10(日)津田沼にバーベキューとレイブを楽しむ「メディテラネオ」 スペインイビザ島をイメージ         津田沼駅北口から東船橋方面に徒歩5分の場所に6月3日、バーベキューと音楽を主軸とした「B.B.Q rave kitchen...
ダシに豚を一切使わない「鶏そば」で勝負、九州の食文化を下総中... 6/24(金)ダシに豚を一切使わない「鶏そば」で勝負 現在は「鶏そば」と「鶏白湯そば」の二本立て        JR下総中山駅から徒歩1分の場所に「鶏そば 朱雀」(船橋市本中山3-14-21、TEL 非公開)がオープンしてから半年がた...
船橋市役所近くに「湊町らー麺屋かず」-あっさり豚骨と甘めの味... 12/20(木)「湊町らー麺かず」オープン人生最後のチャンスと開店          船橋市役所から歩いて2分のところにあっさり豚骨と甘めの味噌ラーメンが特徴の「湊町らー麺屋かず」(船橋市湊町1-2-8 TEL047-407-1648)が1...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ