2014年10月23日 配信

10/23(木)藤原の福祉施設で「ローズまつり」

地域密着の祭りに約500人が来場

 141023rozu3.jpg  
   

 総合福祉地域ローゼンヴィラ藤原(船橋市藤原8-17-3 TEL047-429-6871)で10月19日、毎年恒例の「第16回ローズまつり」が開催され、500を超える地域住民が参加した。

 従業員満足度を上げることが、利用者の満足度につながる。そして地域の活性が社会福祉の活性化にもつながるという趣旨で船橋に本拠地を構える社会福祉法人千葉県福祉援護会が企画した同まつり。

 同施設敷地内にある「ヴェルフ藤原」では藍染教室、フラワーアレンジメント、ハンドマッサージやネイルの体験が行われた。また、会場入口付近に設置された特設ステージでは、「ばか面おどり」の披露に始まり、子ども神輿、フラダンス、若手演歌歌手の杉本和也さんのステージが行われた。

 また、千葉県のマスコットキャラクター、チーバくんが朝から同まつりにゲスト参加し、参加者と写真撮影などで会場を盛り上げた。

 模擬店の中には、障害者支援施設の入居者が作成した物品を販売するコーナーや、ビーズのアクセサリーや髪留めなどの販売ブースが出店。両手が不自由な女性入居者は女性用髪留めのシュシュを作成。「両足でミシンを使って作成しました」と楽しそうに語る。「一番難しかったのは布と布を繋げるところだったが、上手にできました」と感想を語った。

 「昨年は15周年記念という意気込みで望んだのですが、土砂降りの雨ということもあり、今年のローズ祭にかける意気込みはひとしおでした」と実行委員の高山晋さん。「また、今年は毎年ご協力いただくボランティア団体や町内会に加え、プロの歌手の方の参加により、より一層楽しんでいただけたと思います」と笑顔をみせた。

141023rozu1.jpg 141023rozu2.jpg 
141023rozu4.jpg 141023rozu5.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ