2014年10月03日 配信

10/3(金)「ハートに伝える食育教材」を船橋市へ寄贈

食育教材の作り方や伝え方の解説書

141003syokuiku3.JPG  
   

 「ハートに伝える食育教材」著者の市在住板良敷信子さんと市職員の大久保仁美さんが9月29日、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を表敬訪問し、船橋市へ同書10冊を寄贈した。

 同書は食育教材の作り方や伝え方を指導者向けにした解説書で8月31日に発刊された。内閣府「平成26年度食育推進ボランティア表彰」を受賞した手芸講師の板良敷信子さんと、現在行田保育園に勤務している保育士の大久保仁美さんの共同著書となっている。

 ふたりの出会いは今から20年以上前。板良敷さんが市内の薬円台児童ホームで食育活動を始めた当時、同ホーム職員だった大久保仁美さんと出会い意気投合。協力しながら母親の育児不安や食育に関わるさまざまなプログラムを作成、共に活動をしてきた。

 同書では板良敷さんオリジナルのエプロンを使用した布製教材など、その教材の作り方や伝え方のコツを解説。また大久保さんの創作紙芝居「やかんくん」「やかんくん2」なども紹介。イラストや型紙、紙芝居をホームページからダウンロードすることもできる。

 「野菜嫌いな子に苦労しているお母さんが多いですね」とふたりが話すと、「わたしも子どもの頃ほうれん草が苦手だったんだけど、ポパイのアニメを見てほうれん草を食べると強くなれるんだと思って食べるようになったから、子どもにはそんなきかっけが必要だね」と、松戸徹市長は笑顔で語った。

141003syokuiku2.JPG 141003syokuiku1.JPG
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ