2014年08月31日 配信

8/31(日)千葉マリンスターズが市長と教育長を表敬

大人・ヤング共に全国でダブル優勝

140829shuugoushasin2.JPG 140830shuugoushasinn.JPG
   

船橋市内に本拠地を置く女子軟式野球チーム「千葉マリンスターズ」と「千葉マリンスターズヤング」が共に全国大会で優勝を勝ち取り、8月24日、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪問、市長と教育長を訪ねた。

大学生と社会人チームの「千葉マリンスターズ」は、「第25回全日本女子軟式野球選手権大会」に2年ぶりに5度目の優勝を果たし、中学生チームの「千葉マリンスターズヤング」は、「全日本女子軟式野球学生選手権大会」での初優勝を飾った。

法田中学校教諭でキャプテンを務める飯沼樹里さんは「接戦続きで大変でしたが、ダブルで優勝できてうれしい」と笑顔で話した。また、ヤングの葛飾中学1年の萩原百愛さんは、「先輩方の素晴らしいプレーが見れてよかった。私たちの代でも次につなげたい」と話した。

松戸徹市長は「以前試合を見たときに力強いプレーでびっくりした。女子野球が伸びていくように出来る限りサポートしたい」 とコメント。

松本文化教育長は、「素晴らしい結果を聞けて本当にうれしい。仕事や学業との両立は大変でもバネにして頑張ってほしい」と、それぞれが激励の言葉をおくった。

なお、千葉マリンスターズは、10月5日に江戸川区球場で開催するジャパンカップに出場が決定、全日本大学女子野球連盟の優勝チームと日本一の王座をかけ対戦する。

140829kantoku.JPG 140829kyouikuchou.JPG
140829sennshuappu.JPG  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ