2014年08月30日 配信

8/30(土)サッポロが自販機売上金一部を船橋市に寄付

福祉施策への貢献に

140830sapporo3.JPG  
   

 サッポロビール千葉工場(船橋市高瀬町2 TEL047-437-3511)とグループ会社ポッカサッポロフード&ビバレッジ自販機事業本部東日本法人支店が8月27日、工場内設置自販機3台分の売り上げの一部を船橋市に寄付をするため船橋市役所を訪問した。

 今回市役所に訪れたのは、工場長の吉田郁也さんと支店長の竹内春夫さんら。千葉工場は1988年から26年間、千葉県内の唯一のビール工場として船橋市高瀬町の京葉食品コンビナート内で操業を続けている。

 これまでも災害時などに物資の供給をしてきたサッポロだが、「26年間無事に操業を続けてこられたのも市民のみなさんのお陰だと思っています。お世話になっている船橋市に何か役立つことができないかとポッカサッポロフード&ビバレッジと一緒になってできることを考えました」と吉田さん。

 船橋市福祉サービス部地域福祉課とイベントなどで以前に接点があったことなどから、福祉施策に役立ててもらいたいとの意向を伝えているというが、「具体的にどのように使われるかは市にお任せしています」と竹内さん。

 工場内設置の自販機は社員が利用するものではなく、工場を訪れた一般来場者が利用するものだという。今回は、その自販機3台分の売り上げの一部が寄付される。

 吉田さんと竹内さんは「今回の寄付も継続しておこなっていきますが、これからも様々な形で船橋市に関われるよう考えていきたいと思っています」とも。

 「福祉施策ということでこれまでも数々の取り組みをしてきましたが、いただいた寄付を活かしてさらに心地よい環境を福祉の現場に提供できるようにしていきたいと考えています」と松戸徹市長。

140830sapporo2.JPG 140830sapporo1.JPG
   
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ