2014年08月29日 配信

8/29(金)習志野台ワンパクズが市長を表敬訪問

全国大会でチーム史上初の3位入賞

140829shuugoushasinn.JPG  
   

 船橋市少年学童野球チームの「習志野台ワンパクズ」が小学生の甲子園と呼ばれる「高円宮賜杯第34回全日本学童軟式野球大会」で3位に入賞し8月27日、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を表敬訪問した。

 同チームは1976年に設立され本年で38年目を迎える伝統ある少年学童野球チーム。同大会には、過去2回出場しているが、いずれも初戦で敗退していた。

 本年は初戦から打線が爆発し、次々と勝ち進み準決勝まで駒を進めた。準決勝では、石川県代表の根上学童野球クラブと対戦。特別延長戦の末、3対4と僅差で敗れたものの、見事3位入賞を果たした。

 同チーム監督の野田昌克さんは「まずは1勝を目指してただけに3位という結果は喜ばしいこと」と、話した。「勝てたのは選手のおかげ、負けるのは監督の責任。自分の采配が悪かった」とも。

 キャプテンを務める菅谷真之介くん(11)は、「3位入賞したことで表敬訪問の機会を設けてもらい光栄」と、やや緊張気味に話した。

 松戸市長からは「この年代でひとつのことに打ち込むのは、自身の心を育ててくれる。今後も是非頑張ってほしい」とエールを送った。

 

140829kyaputen.JPG 140829sichouaisatu.JPG
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ