2014年08月25日 配信

8/25(月)海神南小学校で流しそうめん大会

夏休みの終盤に思い出づくり

nagasisoumenn.JPG  
   

船橋インター近くの海神南小学校船橋市海神町南1-1510)で、823日、海神南小学校PTA主催による「流しそうめん大会」が行われた。

 

同イベントは夏休み最後の思い出作りと子どもたちとの交流をとの思いで同校のPTAが発案したイベント。今年で3回目を迎え、年々参加人数が増えているという。今年は400人の参加者が同イベントに参加し、普段、経験する機会の少ない「流しそうめん」を楽しんだ。

長く繋げてつくられた竹にそうめんが流れてくると、子どもたちは歓声を上げながらそうめんをすくいあげた。そうめんを食べ終えた頃にはフルーツやゼリーも流れるサプライズもあり、会場をもりあげた。

イベント中、体育館では、PTAをサポートしている「おやじの会」が、「ものもの作り講座」と題して紙飛行機作りや、割り箸鉄砲を子どもたちに教えていた。子どもたちは、用意された紙コップの的を使って自分の作ったおもちゃの出来栄えを試してた。


 地元住民の協力のもと開催予定だった「コスモス迷路」は発育不良により今回は見送られ、代わりに校庭内に隠された文字を探しだすゲームが行われた。

 

参加した神藤春道君(10)は「流しそうめんで、色々なものが流れてきて楽しかった。教えてもらって作った輪ゴム鉄砲で楽しく遊べた」と笑顔を見せた。

 「毎年恒例の行事となって、子どもたちが楽しみに待っていてくれるイベントになれば」と主催者の一人である海神南小学校PTA会長の百瀬康司さんは話した。

Itaberuyousu.JPG waribasi.jpg
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ