2014年06月13日 配信

6/13(金)船橋産のハイビスカスこれから出荷ピークに

船橋市内で唯一のハイビスカス農家

 IMG_4540funabashihaibisukasu.jpg  
   

 

 二和のハイビスカス農家「紅和園」(船橋市二和東2-5-5 TEL047-448-2227)で5月中旬から今年のハイビスカス販売を開始、夏の出荷ピークに向けて生産量が増えている。

 

 船橋市内でハイビスカスを生産し販売する農家は同園だけ。秋口からはシクラメンの販売や今年からは春にカーネーションの販売も開始するなど栽培する品種を増やしている。今年のハイビスカス販売は、母の日が終わってすぐに開始した。1600円から。

 

 今季、同園で栽培しているハイビスカスは、20種以上。毎年市場出荷を含めて2万株以上のハイビスカスをシーズン中に販売すると言う。今年の主力商品は「ロングライフ」という品種。普通は、1日だけ咲くハイビスカスの花だが、同品種の場合34日は咲き続けるのだという。

 

 営業時間は、10時~17時。販売期間中は無休。

IMG_4532funabashihaibisukasu.jpg  IMG_4535funabashihaibisukasu.jpg
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
ついに来た!船橋産の梨を使った「梨シャーベット」-カクテルタ... 10/30(火)船橋産の梨を使った「梨シャーベット」試作品完成 アルコール入りの「カクテルタイプ」も同時販売に        全国でも有数の和梨産地である船橋市の梨を使用した梨シャーベットの試作品が10月初旬に完成していたことが分かった。  梨...
市内の梨直売所も続々営業開始-初出荷も客足も例年並み... 8/10(金)市内の梨直売所でも初出荷 梨以外の農産物も好評で出足順調        船橋市内の梨農家で直売所での販売をメーンに行っている法典地区や二和三咲地区、大穴地区の梨農家では今週から直売所の営業がはじまっている。  8日に初出荷が行われ...
船橋のなし冷夏・曇天・長雨で出荷遅れる、梨の色づき不順が原因... 8/17(木)船橋のなし出荷遅れる、冷夏と曇天で色づき不順 農園には色付き次第、出荷できる梨も多い  今年の冷夏・曇天続き、梅雨を思わせる長雨の影響を受けて市の特産品「船橋のなし」の出荷が大幅に遅れている。  船橋のなしは、4月に開花・受粉を行い梅雨時の十分な...
船橋のなし順調に生育、市内の梨農家では来年に向けた仕込も開始... 7/11(火)船橋のなし順調に生育 「今季の出荷も例年通りのタイミング」と船芳園の加納さん     和梨の産地として全国トップクラスの出荷量をほこる船橋市内の農家で梨の実が色づきはじめ、その実を大きくし出荷に向けた準備をしている。  今季は地上降臨5周年記念のふ...
船橋市場で添加物を使わない手作り「梅干し」、市場の八百屋で最... 6/8(木)船橋市場で添加物を使用しない手作り「梅干し」 市場の八百屋で最高の南高梅を仕入れて    船橋市地方卸売市場(船橋市市場1-8-1)内の青果仲卸売事業者から仕入れた最高級の南高梅をつかっての梅干しつくり体験が、市場内の一角で行われた。  主...
西武船橋店とアンデルセン公園のコラボ「フラワーロード」、地元... 3/21(火)西武船橋店とアンデルセン公園のコラボ「フラワーロード」 地元に感謝・花でおもてなし      西武船橋店入口    西武船橋店50周年記念の催事「春祭・フラワーフェスティバル」が3月15日から始まり、店舗前やJR船橋駅から...
八木が谷の海藻専門店「たまも」で恒例のセール、名物社長も店頭... 7/9(土)八木が谷の海藻専門店「たまも」で恒例のセール 商品の流通通じ、復興支援を支える         八木が谷の閑静な住宅街の真ん中に店舗と加工工場を構えるリアスが経営する海藻専門店「たまも」(船橋市八木が谷1-40-1 TEL0...
滝不動の佐久間牧場でコスモス畑復活、7月初旬には草とりボラン... 6/26(日)滝不動の佐久間牧場でコスモス畑復活 7月初旬には草取りのボランティア募集も       滝不動駅近くで秋になると満開の花が道行く人の目をひきつけていた佐久間牧場のコスモス畑が今年から少し場所を変えて復活、7月初旬に向けて草取りのボラン...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ