2014年06月13日 配信

6/13(金)船橋産のハイビスカスこれから出荷ピークに

船橋市内で唯一のハイビスカス農家

 IMG_4540funabashihaibisukasu.jpg  
   

 

 二和のハイビスカス農家「紅和園」(船橋市二和東2-5-5 TEL047-448-2227)で5月中旬から今年のハイビスカス販売を開始、夏の出荷ピークに向けて生産量が増えている。

 

 船橋市内でハイビスカスを生産し販売する農家は同園だけ。秋口からはシクラメンの販売や今年からは春にカーネーションの販売も開始するなど栽培する品種を増やしている。今年のハイビスカス販売は、母の日が終わってすぐに開始した。1600円から。

 

 今季、同園で栽培しているハイビスカスは、20種以上。毎年市場出荷を含めて2万株以上のハイビスカスをシーズン中に販売すると言う。今年の主力商品は「ロングライフ」という品種。普通は、1日だけ咲くハイビスカスの花だが、同品種の場合34日は咲き続けるのだという。

 

 営業時間は、10時~17時。販売期間中は無休。

IMG_4532funabashihaibisukasu.jpg  IMG_4535funabashihaibisukasu.jpg
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ