2014年06月10日 配信

6/10(火)中央公民館で「ふなばし環境フェア」

展示や体験で環境について考える

kankyo06.jpg  
   

本町の中央公民館(船橋市本町2-2-5)で6月7日、今年で17回目となる「ふなばし環境フェア」が開催され、約3000人の市民が訪れた。

市民、事業者及び行政がそれぞれに環境意識を高め、健全で恵み豊かな環境の実現を目指すことを目的とした同イベント。市内で活動する42団体が参加し、「見て、さわって、作って考えよう 環境のことを!」をテーマに体験と展示のコーナーが構成された。

木の実の工作教室や綿からの糸つむぎ体験、ネイチャーゲームによる楽しい学びなどの体験コーナーは、子どもに限らず、夢中で取り組む大人の姿も。
展示コーナーでは、日本黒メダカの研究や三番瀬の生きもの紹介、水辺のあるまちづくりの提案といった、環境保全の活動を多角的に取り上げることで環境問題を考えるきっかけの場となった。

また、発表会として学校内のビオトープや巨木・名木マップの作成、三番瀬の環境保全の活動報告、ペットボトル風力発電機づくりや電熱ペンでのウッドバーニング体験も行われた。

(林)

kankyo01.jpg kankyo03.jpg
kankyo04.jpg kankyo05.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ