2014年06月05日 配信

6/5(木)坪井町にカジュアルワインバー「アーバンブリーズ」

都会に吹く心地よいそよ風のような店を目指して

IMG_4087a-bannburi-zu.jpg  
   

 新興住宅地の広がる坪井町にカジュアルワインバーの店「アーバンブリーズ」(船橋市坪井東1-2-31 TEL070-5563-8477)が6月3日、オープンした。

 同店は、昼間の営業をカフェの「ウォームハートコーヒー」、ディナータイムをカジュアルワインバーの「アーバンブリーズ」として業態を変え営業を開始した。夜の営業は川上太郎さん(38)が店主。

 店舗は、11坪。テーブル12席、スタンディング2席の計14席。漆喰を塗った白壁や調度品の数々は、川上さん自身が手伝ったという。

 川上さんは、薬園台小学校・三田中学校の卒業生。高校卒業後にアクセサリーの専門店に就職した。その後イタリアンレストランに転職、6年間修業を積んでからシルバーアクセサリーの会社に転職した。川上さんは、「自分のやりたい接客は、飲食業態でなければできない」と考えていたところに「アーバンブリーズ」開店の話が持ち上がった。

 都会に吹く心地よいそよ風をイメージしたという同店。ワインに合う魚貝のマリネやレバームースなどの軽食をスペインやフランス、イタリアンなどの調理方法で創作料理として提供する。すぐに提供可能なサルサチップスなども用意する。各メニュー500円程度から。ドリンクメニューは、スペインやチリ、イタリアのワインを旬な時期に合わせてチョイスし提供する。

 これまで接客業での業務経験を重ねてきた川上さん。アクセサリーの販売と飲食業を経て「自分の天職」と飲食店での創業を決意した。「お客さんが居心地良くいられるような店にしてゆきたい」と抱負を語った。

 グランドオープンに先駆けたプレオープンの夜、一人で片付けしていた川上さんはふと「自分の店ができたんだなぁ…」としみじみ感じたのだという。

 「今後は、地域でフラワーアレンジメントの教室を運営する女性など地域の人々とのつながりを経てコミュニティを育ててゆきたい」とも。

 営業時間は、18時~24時。(現在深夜営業を申請中で26時までの営業時間を予定)。日月定休。

IMG_4080a-bannburi-zu.jpg IMG_4090a-bannburi-zu.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ