2014年06月03日 配信

6/3(火)坪井町にカフェの新店「ウォームハートコーヒー」

フェアトレードのスペシャリティコーヒーを提供

IMG_4079wormheartcoffe.jpg  
   

 新興住宅地の広がる坪井町にフェアトレードのスペシャリティコーヒーを提供する店「ウォームハートコーヒー」(船橋市坪井東1-2-31 TEL070-6630-8032)が6月3日にオープンした。

 同店は、昼間の営業をカフェの「ウォームハートコーヒー」、ディナータイムをカジュアルワインバーの「アーバンブリーズ」として営業形態を変える。昼の営業は井相田奈美子さん(30)が店主。

 井相田さんは、高校卒業後にカフェを経営したいという目標を持ちながら洋菓子専門学校に進学。卒業後はケーキ店に就職し修業を積んだ。

 その後、埼玉の有名ケーキ店・オークウッドでカフェ業態の立ち上げに携わり経験を積んだ後、エスプレッソコーヒーのアクセサリーを扱う会社に就職。ここで、腕試しの為に出場した、UCC主催のエスプレッソ大会で全国3位に入賞する実力を発揮した。

 そのころ坪井で新店をオープンさせる話が持ち上がり、同店の開設準備に没頭した。開店資金を節約するため、壁塗りやベンチなどの調度品製作も手掛けた。漆喰を塗った壁は清潔感を感じさせる白で統一、店舗の調度品は木の温もりを活かしたデザインを取り入れた。

 「周辺のお店と協力して良いものを提供したい」と、周囲との調和を図りながら経営してゆきたいと考える井相田さん。ケーキは近隣のケーキ屋から購入する予定だ。

 コーヒー豆は海外からオーガニックで栽培されたフェアトレードのものからスペシャリティクラスを厳選して仕入れる。エスプレッソマシーンも用意しているが、水出しやエアロプレスなど各種の手法を駆使し、オーダーに応じて最適な方法でコーヒーを提供するという。

 ドリンクメニューには、カフェラテ(800円)、エスプレッソ(500円)、アメリカーナ(600円)というスタンダードなものを用意。オリジナルでウォームハートコーヒーも提供する。

 コーヒーが苦手な客も想定して紅茶3種(ダージリン、アールグレイ、マルコポーロ)を用意、ほかにも井相田さんがプライベートで愛飲している果汁100パーセントのオレンジジュースやリンゴジュースもメニューに並ぶ。

 フードメニューは、グラノーラかパンのモーニングセット(650円)を用意。ランチメニューには、キッシュプレートか季節の地場産野菜を使用したサラダプレート(それぞれ1200円)の2種を用意。プラス150円でスープも用意している。

 営業時間は、7時~18時(月~土曜日)、7時~20時(日・月曜日)。水・木曜日定休。

IMG_4076wormheartcffe.jpg IMG_4081wormheartcoffe.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ