2014年06月02日 配信

6/2(月)市民文化ホールそばに「ダーツバー MIX」オープン
大型スクリーンで迫力の音楽も楽しめる

da-tuba-mikkusu2.jpg  da-tuba-mikkusu.jpg 
   

 船橋駅周辺に、ダーツと酒を提供する「ダーツバー MIX」(船橋市本町3-33-11-2F TEL047-409-3939)が6月中旬でオープンから4か月を迎える。
 

 店長はダーツ歴12年以上という上窪匡史さん(34)。同店のオープンは2月15日。20代からビリヤード場やパーティースペース、ダーツバーなどでキャリアを重ね、働き始めた当初からいつか自分の店をもつことを目標にしてきたという。

 「共通の楽しみをもつ人たちが一緒に遊べる場所を提供しています。今までのダーツバーのイメージとは一味も二味も違う印象をもつと思いますよ」と上窪さん。

 言葉通り、店内には大型スクリーンやモニターを構え、そこで流される音楽はももいろクローバーZのようなアイドル系やビジュアル系バンドの音楽など、邦楽中心。ダーツバーながら、ももクロのオフ会も予定するなど、同じ趣味をもつ人たちが集まっているという。ほかにも好きな音楽DVDなどを持ち込んで、店内で流すこともできる。

 ダーツのサービスは1ゲーム100円からあり、1500円で投げ放題のコースも用意。ダーツ初心者には、大会にも出場するという上窪さん自ら、基本的な遊び方なども含めて指導もしてくれる。「今後はダーツイベントも開催予定なので、腕を磨いて参加していただくのも一つの楽しみ方ですね」と上窪さん。

 店内にはテーブル席が16、カウンター10席。酒のほかに食事も提供する。ドリンクはビール、ウィスキー、ワインのほか各種カクテルも提供する。来店客のリクエストに応じ、その日の気分に合わせた一杯を提供する。

 フードメニューはサラダ(600円~)、一品料理に「ボイルシュリンプ ガーリック風味」(700円)「鶏のから揚げ(500円)」などがある。さらに「キムチクリームパスタ」(750円)、店長イチオシの「とろぉり半熟卵のオムライス」(900円)、ほかにもリゾットなども揃える。

 開店時から訪れる常連客もおり、「お客様にはダーツを中心に様々な楽しみ方をしていただけるよう、イベントもこれからどんどん企画していきたいと思っています」と上窪さん。

(喜多)

da-tuba-mikkusu3.jpg  da-tuba-mikkusu4.jpg 
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ