2014年05月23日 配信

5/23(金)高根町に手作り腕時計のお店「SAZANCA」

船橋市の時計作家がアトリエ兼直営店をオープン

sazanca01.jpg
 
 
   

 飯山満駅から15分、船橋東高校付近の住宅街の中に位置する手作り腕時計のお店「SAZANCA」(船橋市高根町728-1 TEL047-438-5115)のアトリエ兼直営店が5月2日オープンした。

 同店のオーナーであり時計職人の高橋信幸さん(28)は、ジュエリーの会社を経営していたが、物作りの楽しさや自分が本来やりたかったことを思い出しものづくりに転身。「手作りこそ技術の枠の最高峰」という理念をかかげ、独学で制作していた腕時計をビジネスにすることを決めた。

 同店の時計は、文字盤に旧漢字を使用した「brave」シリーズや、楕円形の文字盤にローマ字とビビッドカラーのバンドを組み合わす「xoxo」シリーズなどオリジナルの商品を用意。文字盤のデザインから金属加工、バンドの染色まで全ての工程を手掛けているので、フルオーダーの注文も受付けている。

 日本家屋の民家を改装し木の温もりに包まれた店内は、展示スペースであるアトリエと作業場をあわせて33平方メートル。販売も兼ねたアトリエスペースに、約60点の腕時計を手作りの棚やテーブルにディスプレイする。

 また、高橋さんは今回実店舗をオープンするにあたり、自然を感じさせる空間作りにこだわったという。店内の天井には静岡の天龍杉と岩手の赤松を、壁には本物の漆喰を、外壁にはわらを練りこみ土壁風に、車止めとウッドデッキには松の梁をリメイクしたものなど、いずれも体にやさしい天然素材を使用している。

 また、店舗入口に植えられた木々はネームプレートで紹介するなど、いずれも来客者から好評だという。「来ていただくお客様に自然を感じていただくことで心地よい時間が過ごせるかなと思って」と、笑顔をみせる高橋さん。

 同店では、1日所要時間2~3時間で作る腕時計コース、時計をいちから手作りするレッスンコース、壁時計を作るコースなどの体験教室も夏ごろ目処に開催を予定している。

 営業時間は、11時~19時。定休日は火曜、水曜。

sazanca03.jpg

 

sazanca04.jpg

 

 sazanca02.jpg  sazanca06.jpg

 
sazanca05.jpgsazanca07.jpg
   
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ