2014年01月22日 配信

1/22(水)船橋アリーナで2月に「千人の音楽祭」

吹奏・管弦・合唱など2000人以上で大規模演奏会

senninnnoonngakusai2014kokuti.jpg sennninnnoonngakusai2014kokuti.jpg
※写真は昨年の様子  

 全国大会常連の吹奏楽部が複数存在するなど音楽が盛んな船橋。これを象徴する音楽イベント、「千人の音楽祭」が2月2日船橋アリーナ(船橋市習志野台4-5-1)で開催される。

 同音楽祭は21年前、船橋アリーナ完成を記念して、船橋吹奏楽団の箕輪弘之さんが実行委員長を務め第1回大会を実施。以来毎年2月、この時期に市民と行政、学生と社会人が一体となって開催してきた。

 当市は、葛飾中学校管弦楽部の内閣総理大臣賞をはじめとして、市立船橋高校吹奏楽部や法田中学校吹奏楽部のマーチング、峰台小学校音楽部の琴、八木が谷中学校ギター部など多彩なジャンルで全国大会常連の学校バンドが集まっている音楽の盛んな街。

 同音楽祭には、市内の優秀な学校バンドや市民楽団、合唱団などが参加する。第1回は、28団体約800人で演奏したという同音楽祭、20回目の節目を迎えた前回は60団体、約2500人が演奏者として参加した。

 21回目を迎える今回は、シンガーソングライターさだまさしさんをゲストに迎え13時~17時の予定で実施する。入場は無料。ただし、事前抽選の当選者のみが入場可能。事前抽選の受付はすでに終了している。地元ケーブルテレビの「JCN船橋習志野」では、同音楽祭を4時間の生放送で放映する。

 ケーブルテレビに関する問い合わせは、0120-914-000。

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ