2014年01月06日 配信

1/6(月)海神駅そばにイタリアングレーハウンドの服専門店
ドッグウェアメーンに、婦人服や雑貨販売も

DSC_0201.JPG  
   

国道14号線、船橋中央病院そばにある「ippuku」(船橋市海神6-22-20 TEL090-1103-2333)が、昨年7月20日のオープンから約半年を迎える。

同店はイタリア原産の小型のグレイハウンド犬種「イタリアングレーハウンド」の洋服や小物などの販売をメーンに行っており、一部婦人服や雑貨も取り扱っている。

約10年間ネットショップを中心に仕事をしていたオーナーの萩原京子さんが、実物を見てみたいという顧客からの要望に応えるかたちで実店舗をオープンした。

店内の商品はすべて手作り。近隣の住民向けに婦人服なども作っている。萩原さんは実家が洋服屋だったことから裁縫はもちろんの事、服のデザインから生地の絵柄プリントなど、全て1人で行っている。

もともと犬や猫を飼っていた萩原さん。小型で短毛の犬に興味があり、調べていくうちにその美しさに惹かれ「イタリアングレーハウンド」にたどり着いた。今では4匹のイタリアングレーハウンドを飼っているという。

短毛な上に背中の湾曲が特殊で既製品では合うものがないことから、イタリアングレーハウンドの洋服や雑貨を作ろうと考えたのだという。

店名の「ippuku(イップク)」は、一着の洋服の「一服」という意味と、愛犬にも「ippukuの服を着て、『いっぷく』しながらゆっくりのんびり笑顔で長生きしてほしい」という願いが込められている。縫製作業は店内の奥の工房で行っている。

他の犬種の服は基本的にはつくらないが、交通事故で足をなくしてしまったような犬や、介護が必要になってしまったような犬など、特殊な事情のものを相談に応じてつくることもあるという。

営業時間は12:00~18:00。水曜定休。

(大西) 

DSC_0209.JPG DSC_0226.JPG
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ