2014年01月05日 配信

1/5(日)市船サッカー部、京都橘(京都府)に2-0で惜敗

優勝候補同士の直接対決で

DSC_1184ichifunaVSkyoutotatibana.jpg  
↑果敢にドリブル突破を試みる室伏航選手
(写真提供船橋市)
 

 市立船橋高校サッカー部が、駒沢陸上競技場(世田谷区駒沢公園1-1)で5日、行われた第92回全国高校サッカー選手権大会準々決勝で、優勝候補の呼び声高い京都府代表京都橘高校と対戦、0-2で敗北した。

 京都橘高校は今回が3度目の全国大会出場。創部は2001年、同好会として設立し、京都サンガジュニアユース選手を受け入れるようになり力を付けてきたという。

 全国大会の初出場は、第87回大会(2008年)。2度目の出場となった前回大会(2013年)では、準優勝を果たしている。その際に、現3年生の小屋松知哉選手が得点王に輝いている。

 攻撃力の高い超高校級エースを抱える両チーム。前半から多くのシュートを放つが、両校得点のないままに試合は折り返しに。後半開始早々の5分、ゴール近くでパスを受けた京都橘・小屋松選手はトラップで振り向きざまにDF2人をかわし、左足でそのままシュート。その後、26分には藤村洋太選手からのパスを左サイドで受け、右足でゴールに蹴り込んだ。

 その後の、市船の猛攻も及ばず小屋松選手の2得点が決勝点となり市船イレブンの冬が終わった。

 また、今大会優勝候補同士の決戦とあって、関係者の間では「事実上の決勝戦」と噂され注目を集めていた。

 同時に卒業後Jリーグ入団が決まっている石田雅俊選手(J2京都サンガ)と小屋松知哉選手(J1名古屋グランパス)という超高校級エースを抱えるチーム同士の試合で、ナンバーワンエースの決定戦とも言われ注目を集めた。

 来年建て替え工事が始まる現行の国立競技場。開幕戦・準決勝・決勝が行われるのは今大会が最後。高校サッカーの聖地として長い間、目標の場所とされてきた会場だけに関係者の思い入れも深く、今大会での準決勝進出は各チームともに目標の一つとしていた。

DSC_9153ichifunaVSkyoutotatibana.jpg  
↑試合終了後に健闘をたたえあう両校
(写真提供船橋市)
 
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ