2013年09月05日 配信

9/5(木)芳澤ガーデンギャラリー(市川市)で「京成電鉄展」

京成本社の移転に合わせて記念展

sukairaina-.jpg  
写真提供/市川市芳澤ガーデンギャラリー  

 京成電鉄本社の市川市移転を記念して芳澤ガーデンギャラリー(市川市真間5-1-18 TEL047-374-7687)で10月14日まで、「京成電鉄展」が開催されている。

 京成電鉄は、明治42年設立。東京から成田までの輸送手段として開設された。同社の初代社長・本多貞次郎が市川に居を構えていたことで市川真間駅周辺には同社に関連した施設が多く設立され街の発展に大きく寄与してきたという。

 今月17日から本社が市川市内の京成八幡駅前に移転。市川市文化振興財団では、これを受けて同ギャラリーを会場に「京成電鉄展」を開催する。入場料は、300円(一般)、中学生以下無料。

 展覧会場を大きく4つに分け、最初のコーナーでは同社の歴史を当時の資料や画像をもとに楽しめる内容にし、次のコーナーでは、マスコットキャラクター「京成パンダ」の魅力を掘り下げる。

 3つ目のコーナーでは、車両やロゴマークのデザインを鉄道模型、京成に関する原画で紹介する。最後のコーナーでは、鉄道風景を多く描いている市川市出身の画家井上洋介さんによる世界観を紹介している。

 ほかにも会場内にはスカイライナーの1/2カットモデルが設置されており、写真撮影も可能だ。また、京成パンダとチーバくんがそろって登場する予定もあるなど全長20メートルのNゲージ模型の展示やプラレールの展示、ポストカードやバッジなどのオリジナルグッズ販売も行う。

 さらに、10月12日にはワークショップ「作って、組み立てて、オリジナル電車を走らせよう!」も13時30分~15時30分に行われる。参加費用は材料代込みで100円。定員は、先着15人で事前予約が必要。

 同ギャラリーの広報担当者は、「歴史好きからアート好きまでさまざまな層の方に楽しんでいただける展覧会に仕上がりました」と胸を張って語った。 

 

 展示会の期間は、8月31日~10月14日まで。ギャラリーの営業時間は、9時30分~16時30分。月曜日定休。

【イベントスケジュール】

(1)ギャラリートーク「京成電鉄と市川」

 9月29日(日)14時~15時 先着50人

(2)ワークショップ 「作って、組み立てて、オリジナル電車を走らせよう!」

 10月12日(土) 13時30分~15時30分 参加料100円 対象4才~6年生まで

(3)ギャラリーコンサート「スギテツミニコンサート」

 10月6日(日)11時~11時30分、14時~14時30分 料金500円 ※チケット販売中

(4)スカイライナーと一緒に記念撮影

 9月14日(土)15日(日)16日(日・祝)9時30分~16時

(5)京成パンダとチーバくんがやってくる

 9月21日(土)22日(日)

(6)ギャラリートーク「京成電鉄と私」

 9月7日(土)8日(日)のどちらか1日 料金無料

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ