2013年06月09日 配信

6/9(日)船橋市社会福祉協議会北部ブロック ふれあい福祉まつり

7つの地区社会福祉協議会による舞台発表と遊び広場

0608hukusi008.JPG  
   

 ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525  TEL047-457-6627 )イベントドームにて8日、船橋市社会福祉協議会北部ブロックによる「ふれあい福祉まつり」が開催された。

 船橋市内24の地区社会福祉協議会それぞれが地区の福祉課題や、ニーズに応じてミニデイサービスや子育てサロンなどの様々な事業を企画・実施している。

 同イベントは、北部に位置する大穴・八木が谷・松が丘・豊富・坪井・二和・三咲の7つの地区社会福祉協議会が協力し、毎年持ち回りで1地区が主催して開催している。

 7回目を迎える今年、坪井地区社会福祉協議会が主催となり、ばか面踊りや豊富小学校吹奏楽部による演奏、手話ダンスなど、各地区社会福祉協議会による舞台発表が行った。

 イベントドーム隣の広場に各地区社会福祉協議会のブースを設置、バルーンアートや、松ぼっくりの小物づくり、牛乳パックの竹トンボづくりなどを無料で体験させ、様々な世代の人々が交流を促がした。

 坪井地区社会福祉協議会・会長の有泉弘さんは「地区社協は、専門家ではなくボランティアなど住民に組織されているため、地域の課題に悩みながら糸口を見つけ出すことが多い。イベントを通して各地区社協同士が交流し、情報交換することが大切」と語った。

(杠)

0608hukusi003.JPG 0608hukusi001.JPG
0608hukusi011.JPG 0608hukusi010.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ