2013年06月01日 配信

6/1(土)今年で28回目、手作りの市民まつり「船橋海老川親水市民まつり」

市民2万人が参加する手作りの祭典

nishifunatyaritexi-120603 004.jpg  
   

 海老川ジョギングロード(船橋市市場2)周辺を会場に、およそ30年前から続いている市民による手作りの祭典「海老川親水市民まつり」が6月2日に行われる。

 同まつりは、今回の開催で28回目。現在は、「花見」や「ジョギング」などで市民の憩いの場となっている海老川だが、治水工事の完成する前には、有名な暴れ川で大雨の度に氾濫し、沿岸の住民に大きな被害をもたらしたという。

 同まつりは、「多くの市民が海老川に苦しめられてきた歴史を忘れないように」との願いをこめて「NPO環境を考える市民の会」と「海老川親水市民まつり実行委員会」が開催してきた。

 

 市民団体による120以上の模擬店がメーンのイベントだが、「起震車による地震体験」、「消防のはしご車体験」や「消防楽団によるオープニング」、環境保全課主催の「絵画教室コンクール」など行政サイドも積極的に係わっている。

 子ども連れのファミりー層も多く訪れる同まつり。どじょうつかみや小学生による環境発表会、海老川へのどじょう放流、カヌー乗り、スマートボールなど子ども向けの出店も充実している。一部のイベントには300円の参加券が必要になる。

 開催時間は、10時~。荒天中止。決行の場合は、午前8時に打ち上げ花火を上げる。

nishifunatyaritexi-120603 042.jpg nishifunatyaritexi-120603 024.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ