2013年05月12日 配信

5/12(日)船橋駅周辺63店舗で食べ歩き「ふなばシル」

チケット1枚で食べ歩き、1ドリンク&1フードでお試し

funabashiru4th 004-.jpg
↑写真は前回開催時の実行本部  

 船橋駅(船橋市本町7-1-1)周辺の飲食店63店舗と共同で開催する食べ歩きイベント「ふなばシル!!2013spring」が5月19日・20日の2日間で行われ、チケットの販売が行われている。

 同イベントは、額面700円のチケット5枚つづりのものを、前売り3600円(当日は4000円/5枚つづり、1枚/800円)で販売、イベント当日参加店にチケットを提出すると、引き換えに店独自のメニュー1品と1ドリンクの提供を受けられるというもの。同イベントは、今回で5回目になる。

 1枚のチケットで概ね1000円~1500円(各店舗による)相当のサービスを受けることができ、2日間の間に5件の飲食店をハシゴする事で「お気に入りのお店」を発掘してもらおうという取り組みだ。

 普段は敷居が高くて入りづらい店舗でも、同チケットを提出するだけで1ドリンク&1フードの提供を受けることができ、追加の注文をせずに次の店を訪問する事が出来る。

 参加店舗側では、「店のPRが出来る」というモチベーションが、参加者側では「新しい店を発掘するのにリスクが少なくて済む」という双方のメリットが合致したイベントとして、現在は国内の各所で「町おこし」として行われている。

 千葉県内の同種イベントでは、2009年11月3日に柏駅周辺の飲食店60店舗が共同で開催した「ユルベルト」が最初。「ユルベルト」は、10月28日・29日の2日間で第8回イベントを開催する予定。

 県内ではほかに、浦安市・市川市・我孫子市・千葉市などでも同様のイベントが行われた事があり、船橋市内では津田沼駅周辺で「つだぬま~る」、西船橋駅周辺で「こまつなう」などが開催されている。

 チケットの購入は、参加各店の店頭もしくは、公式ホームページから予約する事ができ、予約の場合は19日駅北口に設置されるイベント本部で、チケットとの引き換えを行う。今回、チケットの販売目標部数は1200部を目指す。

 実行委員長の山崎健太朗さん(36)は、「食べ歩くことで船橋の地元オーナーの店を知ってもらいたい。船橋には魅力的な飲食店がまだまだたくさんあります」と語った。「地元飲食店の開拓に役立ててもらいたい。友人と、家族と、奥さんと、後輩を連れて・・・などシーンによって地元飲食店を使い分けて欲しい」とも。

 イベントを通じて、初めて地元飲食店を訪れる際の壁を低くしようという狙いだ。イベントの開催は、11時~24時。2日間の間に使い切らなかったチケットは、イベント終了後7日間700円の金券として「アトノリ」参加店で使用する事が出来る。

 問合せは、047-421-1777。公式ホームページ→http://funabashiru.com/

963.jpg 120917_152836funabashiru.jpg
   
120917_141824funabashiru.jpg 120917_143820funabashiru.jpg
   
120917_193711funabashiru.jpg erubaruko.jpg
   
120917_205834funabashiru.jpg 120917_220755funabashiru.jpg
   
isara.jpg todoroki.jpg
   
fubnabashigurande.jpg maguroichi.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ