2013年05月03日 配信

5/3(金)小学生のキャリア教育「芝山コヂカラ」発足

芝山団地商店会「100円商店街」で駄菓子屋出店

IMG_6800kodikaranippon.jpg IMG_6782kodikaranippon.jpg
   

 芝山・飯山満地区で小学生を対象としたキャリア教育事業「芝山コヂカラ」が発足、5月25日に行われる芝山団地商店会(船橋市芝山3)主催の「100円商店街」で駄菓子屋を出店する。

 同企画は、子ども達が実社会に近い形で「働く」ことを体験し、活きたキャリア教育を通じて社会に役立っているという実感を持ち、「夢を実現する力」や「自主的に行動する力」を身に付けさせようとするもので、NPOコヂカラニッポンが主催する。

 実際に市場で商品を仕入れ、販売計画なども立案する。それぞれに役割を決め実社会さながらに販売活動を行うことで、利益を生み出そうという取り組みだ。

 販売計画は、計画を立てたのち実行し、検証し、改善するという流れをとり販売行為を通じて得た利益についてはその分配方法をみんなで考えるところまで行う。

 会議は毎月1回程度開催し、販売については同商店会が4ヶ月に一度の割合で開催している「100円商店街」の場を活用する。小学校4年~6年生を対象に20人上限で募集をかけ、今回は趣旨に賛同して集まってきた5人が参加する。

 現在も追加で参加希望者を募集中で、企画に参加する場合は入会金600円と、活動費として毎月1000円が必要となる。

 

 「子育てしている母親の立場からこの企画に興味を持った。今後はますますキャリア教育の必要性が認識されてくると思われます」と、実行委員長の中原さんは企画にかける意気込みを語った。

 問合せは、090-9323-8988(コヂカラニッポン船橋地区担当/中原)。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ